ネットチラシと家計簿アプリの連動で購買効果を把握する実証実験を開始

ネットチラシの閲覧状況とレシートの購買記録を結びつけて、チラシの効果を明確に

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、「DNPネットチラシ配信サービスオリコミーオ!®」のネットチラシを、150万ダウンロードを突破して(2015年2月時点)GooglePlay2014年ベストアプリに選出された「DNPレシート読み取り家計簿アプリ レシーピ!®」に配信する新サービスの実証実験を開始します。

今回の実証実験では、食品スーパーマーケット 株式会社たいらや(栃木県)で2015年3月3日~3月31日に、ネットチラシの閲覧記録とレシーピ!に登録されたレシートの購入品目から、ネットチラシの閲覧がどれだけ購買に結び付いたかという相関を測定します。

【実験開始の背景】

これまでの折込チラシが来店や購買にどの程度結びついたかという客観的な分析はこれまで困難で、担当者の経験に基づく主観的な分析が主流でした。また、ウェブサイト上のネットチラシでは閲覧数などの計測が可能ですが、購買に結びついたかどうかまでの把握は困難でした。

今回DNPは、「DNPネットチラシ配信サービス オリコミーオ!」のネットチラシの閲覧記録と、「DNPレシート読み取り家計簿アプリレシーピ!」で読み取ったレシートの情報を連携させて、ネットチラシの閲覧とレシートの記録を結びつけることで、チラシを見て購買に結びついたことを明らかにしていく実証実験を行います。

【新サービスと実証実験の概要】

 

オリコミーオ!は、流通・小売企業などが簡単な操作で自社のウェブサイトに電子化した折込チラシを掲載できる、ASP型のネットチラシ配信サービスです。レシーピ!は、レシートをスマートフォンで撮影するだけで簡単に家計管理ができる、DNPが提供する生活者向け無料家計簿アプリです。

今回の実証実験では、レシーピ!で食品スーパーマーケット たいらやのレシートを撮影した際に店舗の電話番号を読み取り、そのユーザーにオリコミーオ!で該当する店舗の配信中のネットチラシをレシーピ!アプリ上で表示します。こうした結果、ネットチラシの閲覧が実際にどれだけ購買に結び付いたかを、ネットチラシの閲覧記録とレシーピ!に登録されたレシートの購入品目からその相関関係を分析して効果測定を行います。

今後「DNPレシート読み取り家計簿アプリ レシーピ!」で、生活者が登録した店舗に関する情報を最適なタイミングで配信するなど、レシーピ!ユーザーの買い物と家計管理がより便利で快適になるようサービスの拡充を図ります。

【新サービスの特長】

<自分に関係があるネットチラシを取得>

生活者が買い物をした店舗のネットチラシが表示されるため、生活者自身に関係が深く関心の高い情報を取得できます。そのため、配信されるネットチラシは生活者にとって単なる広告ではなく、重要な情報として受け入れられる可能性が高くなります。

<ネットチラシ導入後の効果測定が可能>

流通・小売企業などは、「ネットチラシを見た」「商品を購入した」などの生活者の行動履歴を分析できます。これにより、配信したネットチラシがどれだけの購買につながったかなどを把握し、販促施策の効果検証を行って、今後の販促計画に役立てることができます。

【今後の展開】

DNPは、この新サービスの実証実験によって実行可能性の調査を行い、その後、食品スーパーマーケットやドラッグストアなどの流通・小売企業などを中心に当サービスを提供していきます。

 
※オリコミーオ!と レシーピ!は、大日本印刷株式会社の登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。