サプライヤー各社の「CSR調達規準」遵守状況を確認

DNPは、バリューチェーン全体が社会適合性を高めた活動となるよう、DNPとサプライヤー各社が遵守すべきものとして「DNPグループCSR調達規準」を制定しており、定期的にサプライヤー各社の遵守状況とその課題点の把握を目的とした調査を実施するとともに、評価結果のフィードバックを行っています。

今年度は、5月に主要サプライヤー約1,000社にアンケート調査を行い、その分析結果を評価シートにしてサプライヤー各社にフィードバックしました。調査結果としては、前年とほぼ同様の傾向が見られ、サプライヤー全体の取り組みが高い水準となっていることが見受けられました。

現在DNPでは、今回の調査とは別に「紛争鉱物」問題への対応や森林資源の維持に向けた活動等について、対象サプライヤーへの調査を進めるなど、社会の変化に合わせた活動を推進しています。今後も対応すべき課題やその内容の見直しを図りながら、PDCAサイクルをまわし、バリューチェーン全体の社会適合性を高めていきます。

DNPグループCSR調達規準