情報セキュリティ教材を多言語化

DNPは、生活者や企業、自社の情報資産を適切に保護するため、管理体制の強化や社員教育に取り組んでいます。2012年より、海外拠点における情報セキュリティ教育を強化するため、8カ国語に対応した教育ツールを開発し、教育活動を行っています。

2014年度は、社会課題となっているコンピュータウイルス対策を国内外で強化するため、DNPが海外進出している地域に対応した教育ツールとして、英語、簡字体、繁字体、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、フランス語、ベトナム語版のガイドブックとビデオを開発しました。

DNPは、国内外で情報セキュリティ体制を磐石なものにするため、必要なテーマについては教育ツールを多言語化するなどの取組みを進め、教育の充実を図っていきます。