口座開設アプリに、勤務先の入力の手間を省く機能

信用金庫で初めて、京都中央信用金庫の口座開設アプリでサービスを開始

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、京都中央信用金庫と共同で口座開設の申し込みをスマートフォン上で簡単に行える京都中央信金アプリを開発し、2018年1月にサービスの提供を開始しています。今回、この口座開設アプリに、信用金庫として初めて勤務先情報の入力の手間を省く機能を追加しました。

【開発の背景】

金融業界では生活者の利便性や業務効率化の観点から、金融(Finance)と情報技術(IT)の融合によるフィンテック関連のサービスが広がっています。これらのサービスは、インターネットを利用した非対面での対応となるため、顧客との的確で効率的なコミュニケーションが求められています。
京都中央信用金庫とDNPは、その一環として口座開設の申し込みをスマートフォン上で簡単に行える「京都中央信金アプリ」を開発し、2018年1月にサービスの提供を開始しました。
今回、京都中央信金アプリに、京都中央信用金庫と取引のある企業の社員の方が口座を開設する際、勤務先の情報の入力の手間を省くサービスを追加しました。利用者の口座開設に伴う更なる負荷軽減を実現するだけでなく、顧客企業の社員の口座開設情報を信用金庫側も詳細に把握することが可能となり、顧客企業とその従業員の両者とのコミュニケーション向上を実現します。

【勤務先自動登録サービスの特徴】 

○ 京都中央信用金庫と取引のある企業の社員の方は、京都中央信用金庫が各取引先に配布しているIDをアプリ画面から入力することで、勤務先情報などの入力が不要となり、口座開設における負荷が軽減されます。
○ サービスを導入した金融機関は、企業や教育機関などの特定企業・団体の社員からの口座開設の申込状況について、詳細な申し込み状況の把握が可能となります。