仮想空間で絵画や立体作品を“手に取っているかのように”鑑賞できる 「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」を開発

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、ヘッドマウントディスプレーを装着して、VR(Virtual Reality:仮想現実)の空間に作られた仮想の美術館で、彫刻などの立体作品や絵画を手に取っているかのように鑑賞できるシステム「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」を開発しました。本システムは、動画や360度ぐるりと鑑賞できるパノラマVRに加え、鑑賞者がVR空間で気に入った絵画などの複製を購入できる機能も搭載しています。



【開発の背景】

近年、さまざまな芸術作品や文化財のデジタルアーカイブ化が進んでおり、美術館や博物館ではそのデータを活用して、多くの方に美術・芸術鑑賞の機会を提供していく機運が高まっています。DNPは、今まで培ってきたデジタル技術による新たな美術鑑賞システムの開発ノウハウと、作品の色調や質感などを限りなく忠実に再現する高精細な複製印刷技術を活用して、「VRによる鑑賞」と「複製作品の購入」を同時に実現する「DNPバーチャルギャラリー」を開発しました。

ヘッドマウントディスプレーを付けて鑑賞

【「DNPバーチャルギャラリー」の特長】

1.VR空間で、作品を間近に鑑賞することが可能

美術館や博物館では一般的に、作品から一定の距離を置いて鑑賞しますが、DNPバーチャルギャラリーのVR空間では作品を実際に手に取っているかのように間近で鑑賞でき、ディテールも含めて楽しむことができます。ギャラリー内では絵画のほか、彫刻などの立体物、動画やパノラマVRなどもお楽しみいただけます。バーチャル展示ルーム1フロアあたりに展示できるのは10作品ですが、フロア数を増やすことで、大量の作品も展示できます。

DNP Virtual Galleryの仮想空間内の外観
2.高精細複製画も販売

VR空間に展示されている絵画作品などの高精細複製画を利用者が購入できる機能もあります。購入申込みをするとバーコードシートが出力され、複製作品と交換できる機能も搭載しています。絵画の複製作品は、作品に限りなく近い色調やタッチを忠実に再現したDNP高精彩出力技術プリモアート*1で製作します。

*1 「DNP高精彩出力技術プリモアート」URL → http://www.dnp.co.jp/media_art/artisan/printing.html

各作品のバーチャル展示ルーム
© 2018  Shu Yamamoto  All Rights Reserved.  Licensed by DNP.
3.テンプレート化されたデザインにより、短期間・低コストで導入が可能。

DNPバーチャルギャラリーと同様のものを制作する場合、DNPの従来のVRの制作方法であれば、半年以上の期間と相当の制作費用が必要になります。本システムでは「美術館の外観や内観」「作品別展示ルーム」「絵画の額」などがテンプレート化されているため、絵画等の画像や動画のデジタルデータがあれば、従来よりも短期間・低コスト*2で導入できます。展示する作品などのコンテンツの入れ替えも容易で、ギャラリー内の壁紙や絨毯、額なども複数のテンプレートから選択できます。

*2 DNPの従来のVRの制作方法で、1フロア分(展示作品10点まで)のDNPバーチャルギャラリーを制作した場合との比較

額のデザインパターンを複数用意

【価格(税抜)】

初期導入費 : 200万円~   コンテンツ入替作業費 : 20万円~/1回   リース費 : 30万円~/1日

※初期導入費は、作品10点まで展示が可能です。また、システムを稼働させるハイスペックPC、コントローラー、ヘッドマウントディスプレー、バーコードシート出力機などの機材費・運営は別途。

【今後の展開】

DNPは美術館や博物館、出版社などへ本システムを提供するとともに、企業のショールームや販促キャンペーン等にも活用し、2020年度までに3億円の売上を目指します。


※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。