支援してほしい人と支援したい人をつなぐサービス「&HAND」を超福祉展で紹介

11/7-13日に、妊婦さんや車いす利用者など移動が困難な方へのサービスコンセプトを提示

2018年11月6日

【「超福祉展2018」に&HANDを出展】

大日本印刷株式会社(DNP)は、障がいを持った方や妊婦の方など、街中等での移動に困難をともなう人と、その手助けをしたい人とをつなぐサービス「&HAND(アンドハンド)」について、11月7日~13日の7日間、東京渋谷で開催される「超福祉展」に出展して、サービスコンセプトなどを紹介します。

「&HAND」は、移動等に関して、身体的・精神的な不安や困難を抱えた人と、手助け可能な人をスマートフォンでつなぎ、chatbot等の簡便なコミュニケーション手段を通して、具体的な行動をサポートするサービスです。DNPではこの取り組みを2017年に開始し、東京、大阪等で実証実験を進めてきました。

2017年12月には東京メトロ銀座線で妊婦の方を対象とした「#LINEで席ゆずり」を行い、2018年8月にはJR大阪駅にて、車いす利用者やベビーカー利用者などの「移動困難者」を対象とした「#スマホで手助け」実証実験を実施しました。

今回の「超福祉展」では、大阪での実証実験のレポートを中心とした展示およびトークセッションを実施する予定です。ぜひお越しください。

※「&HAND」の詳細についてはhttps://dnp-andhand.jp/をご覧ください。

大阪駅での取り組みのようす

【「超福祉展」開催概要】

■タイトル : 「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(通称:超福祉展)

*ウェブサイトはこちら → http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/#outline

■開催期間 : 2018年11月7日(水)〜13日(火)11:00 - 20:00

■開催場所 : 渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT・CUBE、ハチ公前広場(11月10日)、渋谷駅13番出口地下広場(11月10日)、渋谷キャスト スペース(11月10日・11日)ほか渋谷区内各所にて

■入場料 : 無料

【今後の取組み】

DNPは今後も、共生社会の一助となる「手助け」のあり方を追求していくため、さらなる実証実験を計画し、実施していきます。