仙台工場が仙台市の「エコにこゴールドマイスター」に認定

ごみの分別やリサイクルなどの活動の徹底ぶりが評価されました

2018年12月17日


大日本印刷株式会社(DNP)の仙台工場は、11月30日、宮城県仙台市がごみの減量やリサイクルの推進等に取り組む市内の事業者に与える「仙台環境配慮事業者(エコにこゴールドマイスター)」に認定されました。


「仙台環境配慮事業者」認定は、環境保全に対する事業者の意識の高揚を図るとともに、自主的な取り組みを支援するものです。その取り組み内容に応じて、「エコにこゴールドマイスター」には4事業者・4カ所が、「エコにこマイスター」には153事業者・438カ所が認定を受けています(2018年11月現在)。


認定証


DNPの仙台工場は、ゴミの徹底した分別や作業着のリサイクル、業務上の紙の使用量を削減する“レスペーパー”の推進や省エネ活動などの取り組みと、継続的にそうした活動の管理を徹底して行っていることが評価され、本年度初めて設定された「エコにこゴールドマイスター」に認定されました。

仙台市役所で行われた認定授与式(前列左から3人目がDNPグループの社員)