ゆうちょ銀行の「mijica(ミヂカ)」に口座振替決済機能などを提供

カードのIC化など新機能を拡充し、ゆうちょVisaデビットカード(プリペイド機能付き)としてリニューアル

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年1月に、株式会社ゆうちょ銀行が発行する、Visa加盟店で利用可能なプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」に、「国際ブランドプリペイド決済サービス(口座振替決済機能)」などを提供します。
これに伴い、「mijica(ミヂカ)」は「ゆうちょVisaデビットカード(プリペイド機能付き)」になり、2019年1月28日(月)から新たな機能が追加されます。
「国際ブランドプリペイド決済サービス(口座振替決済機能)」は、「mijica(ミヂカ)」のシステム開発・運営業務を受託している株式会社クレディセゾンを通じて提供するもので、ゆうちょ銀行が取り組む地域経済活性化やカードのIC化における情報セキュリティ機能の向上を支援します。また、銀行業務の効率化と、生活者の利便性を向上させるサービスの向上につなげ、キャッシュレス決済を促進していきます。


■「mijica(ミヂカ)」の新機能について
「mijica(ミヂカ)」は、満12歳以上(小学生を除く)で、ゆうちょ銀行の総合口座を持つ方であれば、年会費無料で誰でも利用できる国際ブランドデビットカードです。インターネット通販を含む国内外の約4,400万店以上のVisa加盟店で、いつでも買い物ができます。「mijica(ミヂカ)」を取り扱う札幌市・仙台市・千葉県・熊本市の一部の郵便局・ゆうちょ銀行のほか、インターネットで全国から申し込みできます。

「mijica(ミヂカ)」券面デザイン

  

    みじか版                                               札幌市版                                                   仙台市版

  

    千葉県版                                                熊本市版

2019年1月に追加する機能は、次のとおりです。

〇プリペイド残高が不足した場合に、あらかじめ指定したゆうちょ銀行の総合口座から即時に、不足額を自動的にチャージ(デビットチャージ)する口座振替決済機能
〇カードのIC化にともなうVisaのタッチ決済(Visa payWave)機能
〇VisaやPLUSマークのある海外260万以上のATMからの現地通貨の引き出し機能
〇利用者が個別に利用上限額を設定できる機能など
※口座振替決済機能、海外ATM出金機能は15歳以上が利用可能。

 このマークのあるVisa加盟店でタッチ決済が可能
  このマークのある海外のATMから引き出しが可能
※「mijica(ミヂカ)」の詳細について詳しくはこちらのページでご覧ください。
https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/card/mijica/kj_crd_mij_index.html
※「国際ブランドプリペイド決済サービス(口座振替決済機能)」のニュースリリースはこちら :
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1190388_1587.html
大日本印刷株式会社  本社:東京都新宿区    社長:北島義斉  資本金:1,144億円
株式会社ゆうちょ銀行  本社:東京都千代田区  社長:池田憲人  資本金:35,000億円
株式会社クレディセゾン 本社:東京都豊島区    社長:林野宏   資本金:759億円
※掲載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。