札幌市円山動物園に「コカ・コーラ ゾウさんのタッチシアター」を導入

「象が1日に食べる量は約200㎏」など、インタラクティブな映像コンテンツで楽しく学べる

大日本印刷株式会社(DNP)は、グループ会社の北海道コカ・コーラボトリング株式会社と共同で、札幌市円山動物園に2019年3月12日にオープンする新ゾウ舎に、象の生態を楽しく学べるインタラクティブな映像コンテンツ「コカ・コーラ ゾウさんのタッチシアター」を設置します。子どもたちをはじめ、多くの来園者が興味を持って象の生態を知ってもらえるよう、今回新たに当システムを開発しました。


【背景】

北海道コカ・コーラボトリングはこれまでも「さっぽろ円山動物園サポートクラブ」を通じて、園内の自動販売機の売上の寄付やカフェの運営により、動物園の運営などをサポートしてきました。

円山動物園は、2007年を最後に象がいなかったため、長年の市民の要望を受けて新ゾウ舎を建設し、2019年3月12日に4頭の象を迎えることになりました。多くの動物園では、パネルや模型など、来園者が受動的に情報を得る展示が多いなか、DNPは今回新たに、北海道コカ・コーラボトリングとともに、子供たちが能動的に、壁面に投影された映像にタッチして情報を取得し、理解の促進につなげていく「コカ・コーラ ゾウさんのタッチシアター」を制作し、導入が決定しました。


【概要と特長】

〇来園者が、動物園の新ゾウ舎内の壁面の一部に投影された映像にタッチすると、ゾウの生態に関する情報や行動の動画が表示されます。短焦点プロジェクター2台と動作センサーによって、インタラクティブな操作性を実現します。

〇「水」「食」「糞」の3編の映像コンテンツを表示します。映像内に出てくるアイコンをタッチすると、ゾウが水を飲む量、水浴びをする理由、食事の量や糞に含まれる種子からの生態系の循環など、それぞれのテーマに関する象の生態を文字や映像で表現します。

〇子供たちが映像に能動的にタッチすることで、象の生態の情報を取得でき、理解の促進が期待できます。※2月に実施された子どもたちによるテスト体験では、実物の象を見に行って映像と比較するなどの行動が見られました。



「コカ・コーラ ゾウさんのタッチシアター」の画面イメージ

【今後の展開】

DNPグループとして、今後も印刷事業と北海道コカ・コーラボトリングの清涼飲料事業の強みを掛け合わせながら、地域貢献にも寄与するコミュニケーション施策を展開していきます。