大日本印刷グループの自衛消防隊 東京消防庁牛込消防署の「自衛消防訓練審査会」で優勝

2019年9月26日

2019年9月13日に東京消防庁牛込消防署が実施した「自衛消防訓練審査会」に、大日本印刷株式会社(DNP)グループの3隊が出場し、そのうちA自衛消防隊が優勝しました。また、B自衛消防隊、メディア・アート女子自衛消防隊も同率で3位に入賞しました。

自衛消防訓練審査会は、企業などの事業所が消防計画で定める自衛消防組織の活動のうち、火災の発見・通報・初期消火要領の確認と各自衛消防隊の士気高揚を目的として、東京消防庁管内の各消防署が実施するものです。

DNPは、「DNPグループ災害対策基本規程」を定め、災害発生時の被害を最小限に抑えるため、防災計画の作成と災害予防およびグループ内の各組織間の連携活動に重点を置いて、「災害に強いDNPグループ」を目指しています。その一環として、本社所在地である東京都新宿区市谷地区の事業所が、牛込消防署で行われる審査会に毎年出場しています。

DNPグループ市谷地区の各事業所では、毎年地震や火災を想定した防災訓練を実施しており、多くの社員が勤務する事務所で火災が発生した場合の極めて重要な初期消火に備え、自衛消防組織に基づく初期消火班や若手社員を中心とした約2か月半に及ぶ訓練を実施しています。

DNPは今後も、持続的に事業を継続していくため、常に防火・防災を意識して、安全・安心な職場づくりに取り組んでいきます。また、全国のDNPグループの製造拠点や営業拠点等においても、地元の消防機関の指導のもと、事業所としての防災訓練に継続して取り組んでいきます。

 
自衛消防訓練審査会の様子(左)と表彰されたDNPのA自衛消防隊(右)