最新のIoT機器を体験できる次世代型の店舗「boxsta(ボクスタ)」を開設

来店客の行動をセンシング・AIで分析してマーケティングデータを収集 ― 11/28~12/25渋谷スクランブルスクエアで実証実験 ―

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、未発売を含む最新のIoT機器(ガジェット)を実際に体験できるショールーミング店舗「boxsta(ボクスタ)」を2019年11月28日(木)~12月25日(水)に、渋谷スクランブルスクエア(東京都渋谷区)2階POPUPスペースで運営します。

DNPはスタートアップ企業への新しいマーケティング手法を提供するために店舗を開設します。来店客に対して、専門スタッフによる商品説明や新製品の体験を提供するほか、出品企業に対しては、ラトナ株式会社との協業により店内のカメラとマイクで来店客の動きや声などをセンシング(計測~数値化)し、AIで解析してマーケティングデータとしてフィードバックします。

ショールーミング店舗「boxsta」のイメージ

【AIを活用した次世代型のショールーミング店舗「boxsta」の概要と特長】

○主にスタートアップ企業が開発した、発売前のものを含む国内外のIoT機器の新商品約25点を展示し、体験できる施設です。商品の機能を説明して、来店客の理解を得て販売につなげるとともに、来店客の反応を企業にフィードバックするマーケティング機能を担います。

○新しいアイデアや技術を組み込んだ新商品について、トレーニングされた専門のスタッフが説明し、来店客に体験を提供することで、ECサイトの閲覧だけではわかりにくい商品への理解を促します。

○店内のカメラとマイクを使用して、商品に対する来店客の反応などを映像と音声(テキスト)データで取得します。実際の店舗でのコミュニケーションを通じて得たデータをAIで分析し、マーケティングデータとして出品企業にフィードバックします*1

○DNPがスタートアップ企業等との共創や事業創出を目的として運営しているオープンイノベーションサイト「DNP INNOVATION PORT」*2でも商品を募集しています。

■概要 

(「boxsta」のWebサイトはこちら → URL: https://www.dnp-innovationport.com/lp/boxsta/

実施期間 : 2019年11月28日(木)~12月25日(水)

場所    : 渋谷スクランブルスクエア 2階POPUPスペース(渋谷駅直結)

                (東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号)

【今後の取り組み】

DNPは、期間限定での「boxsta」の運営結果を活かして、2020年度にセンシング技術とAI技術を組み合わせた次世代型のショールーミング店舗の事業化を目指します。

*1 ラトナ株式会社と協業し、同社のソフトウェア・ハードウェア技術およびインフラ基盤を活用します。
    参考URL →  https://latona.io
*2 「DNP INNOVATION PORT」のWebサイトはこちら → https://www.dnp-innovationport.com

大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円
ラトナ株式会社 本社:東京 代表取締役:大田和響子 資本金:6,075万円
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。