2023年11月15日

Metaverse Japanの新設「教育ワーキンググループ」に参画

同グループのコア企業として「教育におけるメタバース」の取り組みを加速

大日本印刷株式会社(DNP)は、業界や企業の垣根を越えて、最先端の情報や世界観を共有するハブとなり、メタバースが新たなビジネスや文化の創出につながる活動を推進する一般社団法人Metaverse Japan*1が新たに立ち上げる教育ワーキンググループに、コア企業の1社として参画します。

 【教育ワーキンググループ設立の経緯とDNPの主な取り組み】

教育現場では1人1台のパソコン等の端末とネットワーク環境が整備され、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が期待されています。そうした中で今回、教育におけるメタバースの取り組みを加速させるため、Metaverse Japanが「教育ワーキンググループ」を新設します。グループメンバー間の議論や実態調査、勉強会等を通してメタバース活用の効果や課題を整理するとともに、メンバー同士が連携して教育現場での実証研究等も行います。小・中・高等学校を対象として活動し、研究成果等として取りまとめて、政府・関係省庁に政策提言として提出する予定です。

DNPは、リアルとバーチャルを融合するXR(Extended Reality)の技術を活用して新しい体験価値を創出するXRコミュニケーション®事業*2を推進しています。その一環として、教育分野におけるメタバースの提供・支援に関して、東京都の「バーチャル・ラーニング・プラットフォーム事業に係るプラットフォーム構築・運営組織」*3の採択や、ソーシャルイノベーションの祭典「SOCIAL INNOVATION WEEK 2023」*4でのメタバースのワークショップの企画・運営など、幅広いサービスを提供しています。こうした実績や技術・ノウハウを活かして、今回、教育ワーキンググループのコア企業の1社として参画します。DNPは、教育分野でXR技術を活用した新たなコミュニケーションによる価値創出を目指していきます。


【主な活動内容】

(1)小・中・高等学校の教育現場でのメタバース活用に関するユースケースの考案・検討

(2)教育におけるメタバース活用の実証研究、効果測定

(3)教育現場へのメタバース導入に向けた課題整理


【教育ワーキンググループアドバイザリーボード】

○東京大学大学院 情報学環 特任准教授 

麗澤大学EdTech研究センター センター長・教授 

株式会社HYPER CUBE 取締役CTO 

小塩篤史氏

○株式会社ゆずプラス 

水瀬ゆず氏


【教育ワーキンググループのコア企業】

○レノボ・ジャパン合同会社

○大日本印刷株式会社

○東京書籍株式会社

※参加資格は、一般社団法人Metaverse Japan会員、またはアドバイザリーボードからの招待。


*1 一般社団法人Metaverse Japanについて → https://metaverse-japan.org/

*2 DNPの「XRコミュニケーション事業」について → https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/media.html

*3 東京都の「バーチャル・ラーニング・プラットフォーム事業に係るプラットフォーム構築・運営組織」について →

https://www.dnp.co.jp/news/detail/20169795_1587.html 

*4 DNPのSOCIAL INNOVATION WEEK 2023への参画について → https://www.dnp.co.jp/news/detail/20169954_1587.html

※記載された内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索