2023年12月4日

DNPアートコミュニケーションズ 「天理大学附属天理図書館イメージアーカイブ」を開始

所蔵作品の高精細デジタル画像データ貸出サービスを拡充

大日本印刷株式会社(DNP)のグループ会社で、美術関連のコンテンツビジネスを行う株式会社DNPアートコミュニケーションズは、国内外の多くの美術館・博物館等の所蔵作品の高精細なデジタル画像データの貸出サービスを行っています。その一環で、2023年12月1日(金)に、天理大学附属天理図書館(奈良県天理市杣之内町1050)の所蔵作品の画像データ貸出サービス「天理大学附属天理図書館イメージアーカイブ」を開始しました。 

【「天理大学附属天理図書館イメージアーカイブ」について】

 天理大学附属天理図書館は、国宝6点、重要文化財87点、重要美術品66点を含む約150万点(2023年3月末時点)の蔵書数を誇る日本有数の図書館です。中でも、宗教学、東洋学、オリエント学、考古学、民俗学、地理学、言語学、国文学等の分野では極めて貴重な文献を数多く所蔵しています。 これらの所蔵品のうち、「蝦夷風俗画集」の高精細画像データ106点の貸出しからスタートし、利用者の方々のご要望に沿って、絵画・美術資料を中心に取扱い点数を増やしていく予定です。
「蝦夷風俗画集」は、北海道生まれの郷土史研究家・越崎宗一氏(1901-77)が収集したアイヌ絵、及び北海道に関する絵図等です。アイヌ絵は江戸後期から明治前期にかけて、平沢屏山などが描いた風俗画で、文字や絵画を残さなかったアイヌの人々の生活や風俗を知ることができる貴重な資料となっています。

【DNPアートコミュニケーションズの画像データ貸出サービスにつて】 

  • DNPアートコミュニケーションズのWebサイト「Image Archives(イメージアーカイブ)」で、利用したい画像を検索して、貸出申し込みができます。
  • 作品名・作者・年代・人物・季節等のキーワードで検索できます。 
  • 画像データは、出版物(書籍・雑誌・教材等)、TV番組、ネット映像、デジタル商品(電子書籍等)、広告や商品などに利用できます。
  • 画像利用料は、利用目的によって異なります。 
  • 主な取り扱い館 : ルーヴル美術館、オルセー美術館、大英博物館、テート美術館、ボストン美術館、ベルリン美術館、ウィーン美術史美術館、台北 國立故宮博物院、東京国立博物館、東京藝術大学大学美術館、東京都江戸東京博物館、徳川美術館、神戸市立博物館、ポーラ美術館、すみだ北斎美術館、林原美術館、大阪中之島美術館など 

【今後の展開】 

DNPアートコミュニケーションズは、今後もさまざまな美術作品及びその画像データを所蔵する美術館や博物館等に提携先を拡げ、美術と歴史の専門フォトライブラリーとしてコンテンツの充実を図るとともに、美術作品に関わる権利処理やコンサルティングの業務を拡充していきます。 

大日本印刷株式会社 本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円
株式会社DNPアートコミュニケーションズ 本社:東京 社長:室田秀樹 資本金:3億円

ニューストップへ

検索・絞り込み

発表時期
カテゴリ
製品・サービスの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索