2024年1月23日

第75回全国カレンダー展においてDNPが制作したカレンダーが29件入賞

上位賞である大臣賞を独占受賞、1/29から展示会にて作品を公開

大日本印刷株式会社(DNP)と、グループ会社で企業の総合的なマーケティング施策を支援する株式会社DNPコミュニケーションデザイン(DCD)は、第75回全国カレンダー展(主催:一般社団法人日本印刷産業連合会・産経新聞社)にて、受賞対象全体の4割強にあたる29の賞で受賞しました。また、上位賞である経済産業大臣賞(該当3作品)と文部科学大臣賞(該当3作品)のすべてを、DNPグループで制作した作品が受賞しました。受賞作品は、2024年1月29日(月)~2月2日(金)に東京会場(東京サンケイビル)で、2月20日(火)~29日(木)に大阪会場(平和紙業ペーパーボイス大阪)で開催する「第75回全国カレンダー展」展示会で公開されます。

表彰式の様子(DNP受賞作品関係者)

■全国カレンダー展について

1950年に始まり、第75回を迎えた全国カレンダー展は、「企業の文化的メッセージを伝えるコミュニケーション手段」「人々の生活空間に潤いを与える印刷媒体」としてのカレンダーについて、印刷技術や企画・デザイン力、機能性や実用性に優れた作品を顕彰するものです。

今回DNPグループは、独自性の高いコンテンツと意匠性の高いデザイン、印刷の再現性などの強みを活かして*1、カレンダーの発行元である各企業の魅力を表現しました。また、若手アーティストの発掘や支援の活動を通して生み出した作品も評価され、多数の受賞に至りました。 

※募集部門は以下の3つです。第1部門:BtoB向け企業カレンダー(企業・団体等に配布)、第2部門:BtoC向け企業カレンダー(生活者に配布)、第3部門:出版・小売販売・既成カレンダー

受賞作品一例

■経済産業大臣賞

第1部門 株式会社ニッスイ様「Nissui Calendar 2024」

同社が歴史とともに大切に紡いできた「日本水産魚譜」を紹介するカレンダーです。緻密な魚譜(魚類の姿を描いたもの)の魅力を最大限に伝える潔いデザインと印刷技術、旬を告げる魚をテーマに据えた編集構成が高い評価を得ました。

第2部門 ミサワホーム株式会社様「アンリ・マティスの生涯と筆跡カレンダー」

20世紀の美術を代表する巨匠・マティスの手書き文字によるカレンダーです。没後70年を数え、2023年・2024年に展覧会が続く画家の生涯と筆跡を楽しめるほか、インテリアとしての装飾性と機能性を兼ね備えています。

第3部門 株式会社DNPコミュニケーションデザイン「ennui イワクチコトハ作品集」

アーティストとして独立したばかりの才能の芽を育むDCDの活動「若手支援プロジェクト」の一環で、ポートフォリオ(カメラマンの宣伝用写真)をカレンダーにした企画です。世代を超えて、カレンダー利用者を共感へと誘うノスタルジーが魅力の作品集です。

■文部科学大臣賞

第1部門 横浜ゴム株式会社様「All Roads Lead to Home」

地球規模の大きなスケールで撮影した“道”を赤いクルマが颯爽と走るシリーズ作品です。テーマの焦点を絞ったビジュアルコミュニケーションに、国境・文化を超えて「すべての道は家路へと通ず」といった平和へのメッセージを込めています。

第2部門 株式会社シグマ様「2024 SIGMAカレンダー」

同社製品のカメラおよびレンズを使用して撮影された、国内外の写真家による作品を厳選して編集したカレンダーです。参加型のコンテンツづくりの手法と高い印刷技術が高い評価を得ました。

第3部門 株式会社DNPコミュニケーションデザイン「Rebone Calendar 三橋雄太作品集」

手書き文字によるカリグラフィー作家・三橋雄太氏の作品集です。骨格標本からデフォルメした干支の動物をテーマとして、漆黒の紙に白インキのみで印刷し、筆致(筆の趣き)の美しさを丁寧に再現しています。

■DNPの受賞作品はこちらでご覧いただけます。→ https://www.dnp-cd.co.jp/works/calendar2024/

第75回全国カレンダー展 展示会について

○東京会場 : 東京サンケイビル B1F・B2F ブリックギャラリー(東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル)

 ・期間:2024年1月29日(月)~2月2日(金) 10:00~18:00

○大阪会場 : 平和紙業ペーパーボイス大阪(大阪市中央区南船場2-3-23)

 ・期間:2024年2月20日(火)~29日(木) 9:00~17:00(最終日は15:00まで、土・日曜日休館)

今後の展開

DNPは引き続き、カレンダーを通じた企業のコミュニケーションの活性化などに努めていきます。社会貢献やソーシャルの視点、多様な関係者による参加型の企画・制作手法など、新たな価値を持ったコンテンツの開発を行うとともに、若手アーティストの発掘・支援を積極的に推進していきます。


*1 DNPのカレンダー制作支援ソリューション → https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/20168526_1567.html

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※記載した製品の価格・仕様・サービス内容などは発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

※本リリースは、株式会社シグマ様「2024 SIGMAカレンダー」に関する記載を一部修正いたしました。(2024年1月25日)


ニューストップへ

検索・絞り込み

発表時期
カテゴリ
製品・サービスの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索