大日本印刷とフランス国立図書館 4/15〜7/11にBnF × DNP ミュージアムラボ 第2回展 「これからの文化体験」を開催

人々が知識と出会い、興味をひろげる文化体験を創出

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)とフランス国立図書館(Bibliothèque nationale de France 以下:BnF)は、BnF × DNP ミュージアムラボ 第2回展 「これからの文化体験」を2021年4月15日(木)〜7月11日(日)に開催します。

BnFは、同館の歴史的原点であるリシュリュー館を1721年の創設以来、初めて全館改修する「リシュリュー・ルネサンス・プロジェクト」を進めており、2022年のリニューアルオープンを予定しています。リニューアル後は、これまで研究者など一部の人に入場が制限されていた同館に新たなミュージアムを設置し、BnFの貴重なコレクションや資料などをデジタル技術も活用し、広く公開します。

DNPは、BnFのこの取組に賛同し、アジアで唯一このプロジェクトに参画している技術メセナパートナー企業として、BnFのコレクションや空間のデジタル化及び展示システム開発を担当しています。本プロジェクトの成果を広く公開する機会の一つとして、リニューアルオープンを控えたリシュリュー館に先駆けて、DNP五反田ビル(東京都品川区)にて展覧会を開催します。

本展では、新型コロナウイルスの影響によりBnF所蔵作品を展示していませんが、作品や人の移動が物理的に制限されたなかでも、デジタルデータを活用し人々が知識と出会い、興味をひろげる、新しい文化体験のモデルの構築に挑戦しました。DNPは、このモデルの拡大にむけて企業・団体等とのパートナーシップを構築するとともに、一般公開を行い、生活者に鑑賞体験の機会を広く提供していきます。

今後、本モデルを活用することで、より多くの文化芸術作品をデジタル化し、公開や活用する機会を一層広げて行きたいと考えています。

【「これからの文化体験」展の概要と特徴】

<BnFの貴重なコレクションや歴史的空間の3Dデジタルデータを活用した展覧会>

従来は困難だった「光を反射する素材の作品」や「大空間の細部」の3次元(3D)デジタル化に対して、DNPは、2016年に開催した同ラボの第1回展でBnFとともに取り組んだ地球儀・天球儀の3Dデジタル化の際に開発した手法を活用しました。多方向から撮影した写真をコンピュータで解析し3D画像とするフォトグラメトリ手法を拡張し、対応できる素材のバリエーションを増やし、空間のような大型の対象物の3Dデジタル化を実現しました。

■作品のデジタル化

DNPは、独自の撮影方法、撮影補助システムを組み合わせ、BnFが所蔵する反射素材の作品の高品質かつ効率的なデジタル化を実現しました。なお、当作品は、BnFの電子図書館「ガリカ(Gallica)」で公開中です。

■空間のデジタル化

DNPは、広い空間を効率的に撮影するため、カメラの撮影角度を自動で制御する独自のシステムを構築しました。これにより、BnFの歴史的空間である「マザラン・ギャラリー」の天井画(幅8m×奥行45m)を超高精細に撮影し(940億画素=8千万画素×1,183枚)、細部の鑑賞に堪えうる高品質なデジタル化を実現しました。

<人々の興味をひろげる4種の鑑賞システム>

DNPは、BnFと協働し作品や人の移動が制約を受けるなかでも、これまで以上に人々が文化に触れ、興味をひろげる機会を提供することに挑戦しています。会場では、この展示に向けて開発した「DNPコンテンツインタラクティブシステム」の4種類の鑑賞システム「みどころシリーズ」を活用した鑑賞により、BnFの「貨幣・メダル・古代美術部」が保有するコレクションを、実物の作品が無い展示室でのバーチャル鑑賞と、VR(仮想現実)技術によりリシュリュー館で古くから受け継がれる「マザラン・ギャラリー」に訪れたかのような体験ができます。

■現物とデジタルを組み合わせて見ることで興味がひろがる「みどころグラス」

現物の作品が展示されていない場合でも、メガネ型のウエアラブルデバイス「スマートグラス」の画面にデジタル化された作品が表示され、仮想的に作品を鑑賞できます。また、利用者の動作に応じて作品に疑似的に触れることができる、デジタル作品ならではのインタラクティブな体験も可能です。展示会場内の利用者の位置や視点に応じて最適な解説を表示する作品鑑賞の体験もできます。

■バーチャル空間を歩くことで興味がひろがる「みどころウォーク」

ヘッドマウントディスプレイを装着した利用者が、手すりをたどりながら実際に移動することでVR空間内を動き回ることができます。リダイレクテッド・ウォーキング技術*を組み込むことで、限られた展示空間内でも、広大なVR空間を移動する体験が可能です。また、VR空間の移動に合わせて聴こえる音を変えるなど、聴覚が場所の記憶に及ぼす効果にも着目した鑑賞システムです。

*利用者に実際の動きとは少し異なる映像を見せることにより空間知覚を操作する技術。東京大学 葛岡・雨宮・鳴海研究室 鳴海准教授および松本助教による監修。

■触れることで興味がひろがる「みどころビューア」

55インチと70インチの大型のディスプレイ上で3D作品の回転や、拡大・縮小、見どころ情報の表示などの操作ができるシステムです。8Kの解像度にも対応しており、高精細なデータによって肉眼ではとらえきれない細かい模様や質感まで観察することが可能です。

■繋がりを知ることで興味がひろがる「みどころキューブ」

作品鑑賞に立方体(キューブ)状のインタフェースを用いて、平面(2D)では表現しきれない「視点」を3D空間上で可視化します。複数の作品同士の関連性の理解につながるようなコンテンツを提供するなど、利用者が興味をもったテーマで作品を鑑賞することによって、さらなる興味を広げています。(特許出願済み)

【開催概要】

展覧会名

BnF × DNP ミュージアムラボ 第2回展「これからの文化体験」

会期

2021年4月15日(木)~ 7月11日(日)

会場

DNP五反田ビル1階 (東京都品川区西五反田3-5-20)

○主催 : DNP大日本印刷/共催 : BnFフランス国立図書館/後援 : 在日フランス大使館

○申込み・問合せはこちらのWebサイトをご利用ください。観覧(無料)には予約が必要です。

*法人のお客様と一般のお客様で予約方法・開館日時が異なります。詳しくはWEBサイトをご確認ください。

法人のお客様:https://www.dnp.co.jp/biz/theme/cultural_property/bnf/10159378_3530.html

一般のお客様: https://www.museumlab.jp/bnfRichelieu

【今後の展開】

DNPは、今回開発した文化体験モデルをパートナー企業と共に、美術館、博物館、図書館、公文書館などの文化施設や、企業の博物館やショールーム、並びに学校教育にも広く展開していく予定です。


■フランス国立図書館(BnF)について
BnFは14 世紀に王立図書館として創設。歴代のフランス国王から受け継いだ約4000 万点以上の文書コレクションを収集・所蔵・公開する世界屈指の図書館です。BnFの所蔵品には、写本、印刷物、版画、新聞・雑誌等の定期刊行物、写真、地図、貨幣、視聴覚資料、ビデオゲーム、インターネットサイトなど、あらゆる種類のドキュメント(書類・資料・記録等)が含まれます。BnFの電子図書館「ガリカ」では、遠隔地からもアクセス可能な800万点以上のデジタルドキュメントを公開しています。

※記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。