フェアトレード認証製品の社内消費キャンペーンを実施

フェアトレードミリオンアクションキャンペーンに参加

開発途上国の原料や製品を継続的・安定的に適正な価格で取引することで、比較的立場の弱い生産者や労働者の生活改善と自立をめざす「フェアトレード」。DNPは、2006年から、社員が気軽に参加できる社会貢献活動として、フェアトレード認証製品の社内消費を推進しています。例えば、国際フェアトレード認証コーヒーを来客用に採用しているほか、社内のカフェや売店等で販売しています。毎年5月第2土曜日の「世界フェアトレードデー」に合わせ、「フェアトレード月間キャンペーン」として、認証製品を使った社員食堂メニューを提供しています。

毎年5月、全国の社員食堂で実施している「フェアトレード月間キャンペーン」のメニューの例(2019年度実施時)

フェアトレード認証ドリップバッグコーヒーの社内販促キャンペーン

2020年度は新型コロナウイルスの感染防止を優先して、5月の月間キャンペーンを見送りましたが、2020年12月~2021年3月の4カ月間、フェアトレード認証ドリップバッグコーヒー(商品名:ドリップバッグ―ART 9 インドネシア―フェアトレード)の販売促進キャンペーンを実施しました。期間中は、このコーヒーを通年で販売している東京・市谷地区以外にもエリアを拡大し、新たに全国16事業所の売店のほか、社内ネットワークの社員向け販売サイトでも取り扱い、例年の約10倍の個数を販売しました。今後も継続して社内販路の開拓を図り、社内消費の拡大に努めていきます。

2016年にDNPと株式会社アートコーヒーが共同で企画したドリップバッグタイプのコーヒー

2021年5月の「フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン」に参加

DNPはまた、2021年5月1日~31日に実施される、「フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン」(認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン主催)に参加します。このキャンペーンは、フェアトレードに取り組む企業・団体が一丸となって、フェアトレード活動の普及促進・認知拡大と関連製品の販売拡大を行うものです。フェアトレード関連の具体的な行動(アクション)の数をカウントし、キャンペーン期間中に全体で100万アクション*を目指す取り組みで、11年ぶりの実施となります。DNPはこの活動の趣旨に賛同し、フェアトレードメニューや認証コーヒーの期間中の販売数をアクション数として集計する予定です。*カウントの対象となるアクション : フェアトレード商品の販売数、SNSハッシュタグ数、イベント参加者数、メディア掲載数、寄付数

「フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン」(主催:認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン)

DNPは引き続き、フェアトレード活動を通じて社会課題の解決に努め、持続可能な社会の実現に貢献していきます。


【関連情報】フェアトレード月間キャンペーン2019 を実施しました

【関連情報】大日本印刷とアートコーヒー オフィスに適したドリップバッグタイプのフェアトレードコーヒーを発売

フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン 特設Webウェブサイト(外部サイト)