武蔵野美術大学との産学連携インターンシップの成果を公開

DNPコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」を使った新しい価値の提案

大日本印刷株式会社(DNP)は、武蔵野美術大学(MAU)と2021年10~11月に実施した産学連携インターンシップの成果をMUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス店舗内に展示しています。

インターンシップでは、DNPが開発したコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」*1について、ビジネス視点によるさまざまな活用方法を検討しました。今回、その成果発表として、無印良品のアロマに関する商品やカレーをテーマにした「みどころキューブ」を展示します。来場者に「新しいお買い物体験」をしていただき、“生活者のための新しい商品選択ツールの可能性”を検証します。

「みどころキューブ」を活用したインターンシップの成果の展示風景

【開催概要】

〇日程 : 2022年1月26日(水)~2月27日(日) 10:00~20:00

〇場所 : MUJIcom武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス

(東京都新宿区市谷田町1-4 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス1F)


【DNPコンテンツインタラクティブシステム「みどころキューブ」の特長と展示概要】

「みどころキューブ」は、文化財・芸術作品等について、立方体(キューブ)状のインタフェースを用い、テーマや関係性等の多様な視点から紹介する鑑賞システムです。今回のインターンシップでは、企業の商品を対象とすることで「みどころキューブ」の活用の幅を広げています。主な特長は以下の通りです。

  1. 関係性を直感的に把握できる : 独自のキューブ状の表現で立体的に商品を配置し、各商品の複雑な関係などを視覚的に分かりやすく表現し、生活者と商品の偶然の出会いにもつなげていきます。
  2. さまざまなテーマから理解できる : 商品群を複数のテーマ・切り口で解説できます。生活者は自分の興味があるテーマを探しながら、各商品群に対して興味の幅を広げることができます。
  3. インタラクティブな操作 : キューブの外側から全体を見渡したり、キューブの内側に入り込んで複数の商品の間を辿ったり、仮想的な空間の中で視点をインタラクティブに切り変えながら、さまざまな情報をストレスなく見ることができます。
MAU×DNPインターンシップ「みどころキューブ」
<アロマ×感性ポジショニング> 
お薦めの使用時間帯と香りのイメージから、利用シーンに合ったアロマ商品を見つけることができます。 

 MAU×DNPインターンシップ「みどころキューブ」
 <カレー×世界地図> 
7段階の辛さレベルと4ヵ国のマッピングから好みのカレーを見つけることができます。 


 MAU×DNPインターンシップ「みどころキューブ」
 <商品選択画面> 
商品をクリックすると詳しい情報を知ることができます。また、つながりを辿ることで関連のある商品を探すことができます。 


 【今後の展開】 

DNPは、美術作品や歴史的資料などの文化財に限らず、「みどころキューブ」を書籍や各種商品等に展開していきます。生活者が多様な情報にアクセスできるようにすることで、興味を広げていくきっかけとなるよう、さまざまなサービスを展開していく予定です。 

 *1 「みどころキューブ」についてはこちら → https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10158945_1567.html 
 「みどころ」シリーズについてはこちら → https://www.dnp.co.jp/biz/theme/cultural_property/feature03/10161344_3688.html

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索