DNPコンテンツインタラクティブシステム

「みどころ」シリーズ

文化財のデジタルアーカイブ_DNPインタラクティブシステム_みどころシリーズ

「みどころ」シリーズとは

DNPコンテンツインタラクティブシステムの「みどころ」シリーズは、デジタル化された作品と多様な*MLAの知的情報「みどころ」を組み合わせ、作品に対する興味のきっかけを提供する目的で開発されました。

  • *MLA:美術館・博物館(Museum)、図書館(Library)、文書館(Archives)

「みどころ」シリーズの特長

●デジタル化された作品を多様な知的情報「みどころ」とともに鑑賞することで、オリジナル作品および、関連する情報に対する興味のきっかけを与えます。

●多様な形態の作品に対応することで、多様な文化財に対して生活者の興味の底上げを行えます。

●デジタル化されたデータを積極的に利活用することで、作品へのアクセシビリティを高められます。

開発背景

DNPでは2006年からはじまった「DNPミュージアムラボ」の取り組みより、100種類以上の鑑賞向けインタラクティブシステムを開発してきました。
「みどころ」シリーズはこれまで培ってきた技術・ノウハウを活かし、文化・芸術に関連するさまざまな体験シーンを想定し、より多くのお客様に使っていただきたいという想いで開発したシステムになっています。「みどころ」シリーズを通じて文化・芸術に興味を持つ人が、1人でも増えれば嬉しいです。

文化財のデジタルアーカイブ_田井氏プロフィール

デジタルアーカイブ事業企画を担当。文化財の3Dデジタル化と、データを活用した体験展示の企画・ディレクションを行う。美術展・漫画展などの展覧会イベントや、科学館、展望台施設などの常設施設に対するインタラクティブメディア・映像システムの導入実績がある。

ソリューション紹介

事例

利用者の声

文化財のデジタルアーカイブ_みどころビューア_利用者の声

みどころビューアの体験者
「リアルではわからない細部まで鑑賞でき、また作品のストーリーも理解できよかった」

文化財のデジタルアーカイブ_みどころキューブ_利用者の声

みどころキューブの体験者
「みどころキューブの立体的な情報構成が興味深かった。美術館・博物館の所蔵作品や企画展の内容等、様々な切り口で展開しやすそう」

文化財のデジタルアーカイブ_みどころキューブ_利用者の声

みどころキューブの体験者
「学校に置いておいたら子供たちも中高生も歴史や文化への興味が深まりそう」

お問合わせ・資料請求

各商材ページにお問合わせ・資料請求フォームを用意しております。お気軽にご連絡ください。

関連ページ