「DNP旅のよりみちアプリ YORIP」にサイクリングをしながら観光も楽しめる新機能を追加

9月30日に長崎県で開催される「大村湾ZEKKEIライド」で導入

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、地域の“よりみちスポット”情報を提供する「DNP旅のよりみちアプリ YORIP(ヨリップ)」に、サイクリングコースとコース内で立ち寄れるおすすめスポットの案内、利用者の現在地や移動距離、平均時速などの走行情報を提供する新機能を開発しました。この新機能は、2018年9月30日(日)に長崎県で開催するサイクリングイベント「大村湾ZEKKEIライド」で利用でき、1日限りのサイクリングイベントの地域活性効果を、残りの364日も持続させる取り組みへつなげていく事をめざし、導入が決定されました。

*「DNP旅のよりみちアプリ YORIP」URL → http://www.dnp.co.jp/cio/yorip/

【YORIPの新機能開発の背景】

2017年5月に施行された「自転車活用推進法」の基本方針には、“観光来訪の促進”、“地域活性化の支援”が掲げられており、その施策として、サイクリングと観光を組み合わせた「サイクルツーリズム」を推進する気運が全国の自治体や観光地で高まっています。DNPはYORIPにて、従来から提供している地域の“よりみちスポット”情報に加え、今回サイクリングコース等の情報を配信する新機能を提供することで、サイクリストが地域の魅力に触れることができて、サイクルツーリズムが地域活性化に持続的に貢献できるようにしていきます。

【YORIPの新機能の特長】

左からサイクリングコースの選択画面 イメージ、コースナビゲーションの画面 イメージ
1.サイクリングコースやおすすめ絶景スポットを案内

自転車に取り付けたスマートフォンに、各サイクリングコースの地図や移動距離、標高差などの詳細情報を表示します。YORIPに搭載されたGPS機能により、利用者をコースの目的地まで案内しながら、コースの途中にあるおすすめの絶景ポイントなどを表示します。

2.利用者の移動距離や消費カロリーなどが一覧に

サイクリストが知りたい指標である「現在の時速」「平均時速」「移動距離と時間」、コース内の上った高さの総計である「獲得標高」、「消費カロリー」等を計測でき、本格的なサイクリストも楽しめる機能です。また、ペース設定を行う機能もあり、自身の過去の走行状況や記録と比較しながら、練習などに使用することもできます。

3.コースを走る複数のYORIP利用者と情報共有が可能

走行しているコースについて、複数のYORIP利用者がコメントを記入し、お互いに内容を閲覧しあうことができます。そのコースを走った感想やコースの攻略テクニックなどを記入することで、サイクリングコースの楽しみを共有することができます。また、利用者が現在の走行位置を表示する機能に登録すれば、コース内にいる他のYORIP利用者の位置を確認できるため、グループで各メンバーの移動状況を確認しながらサイクリングを楽しむことができます。

大村湾ZEKKEIライド2018 ポスター

■「大村湾ZEKKEIライド」の概要

○開催日 : 2018年9月30日(日)

○開催場所 : 長崎県

○YORIPで案内するコース :

〔ロングコース〕 大村湾を一周するコース 160Km

〔ファミリーコース〕 家族で参加できるサイクリングイベント 10Km

○利用方法 :

YORIPのアプリをダウンロードし、表示されている「大村湾ZEKKEIライド」からお好きなコースを選んで無料で利用できます。アプリ利用によるイベントへの参加にはスマートフォンが必要です。

*「大村湾ZEKKEIライド」URL → http://zekkeiride.com/

【YORIPの新機能の価格(税抜)】

初期導入費 : 250万円~  サービス利用費 : 30万円~

*詳細は、掲載するサイクリングコースやおすすめポイントの数など、条件に合わせて別途見積もりします。

【今後の展開】

DNPは、サイクルツーリズムを通じた地域活性化に取り組む自治体や企業、DMO*などへ新機能を搭載したYORIPを提供していきます。また、YORIPに地域の“よりみちスポット”情報とともに、日本各地にあるサイクリングコースの情報等を掲載し、国や地域がめざす365日持続するサイクルツーリズム振興に貢献していきます。

*DMO(Destination Management Organization): 地域の観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人


※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※自転車に乗りながらYORIPの表示画面の確認や操作は危険なため、画面の確認や操作する際は、アプリ利用者の周辺状況を確認し、自転車を止めて利用してください。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。