大日本印刷と米国の流通・小売大手Kroger(クローガー)社
シェルフ型デジタルサイネージ「EDGEデジタルシェルフ」の日本市場導入の共同研究開始

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と米国の流通・小売大手Kroger社は、Krogerグループの店舗を中心に導入しているデジタルサイネージ「Enhanced Display for Grocery Environments Digital Shelves(以下:EDGE)」とその関連サービスを日本国内で展開するための共同研究を3月4日に開始します。

EDGEは、店舗の商品棚の前面部分にリアプロジェクションスクリーンを搭載した流通・小売向けのデジタルサイネージのシステムです。来店客への情報伝達や購入促進の効果を高めるとともに、プライスカードの切り替えなどの店舗の業務負荷を軽減することで、より質の高い“買い物体験”を来店した顧客に提供します。

【日本市場への導入に関する共同研究開始の背景】

Kroger社は先進的なリテール(小売)サービスや関連技術の研究開発に積極的な投資を行っており、さまざまな独自システムを開発するとともに、そのシステムをグループの店舗に導入して改善を重ねることで、顧客満足の向上と業務効率化の成果を高めています。同社が2012年に試作開発を始めた「EDGE」には、DNPの独自構造の小型プロジェクター向け透過型スクリーン*1が採用されています。今回両社は、DNPが持つ日本の流通・小売業界とのネットワークやプロモーション実績と、Kroger社の製品やサービスのノウハウを組み合わせて、日本の流通・小売業界が抱える人手不足の解消や、店舗のデジタル化による販促効果の向上などを目的とした共同研究を開始します。

*1 小型プロジェクター向け透過型スクリーンの詳細はこちら → http://www.dnp.co.jp/news/10121438_2482.html

【EDGEの概要と特長】

  • 商品棚に設置して使用するEDGEは、従来の紙のプライスカードに代わって商品の価格やプロモーション情報、成分や栄養などの情報をディスプレイに表示します。
  • 購入したい商品のパッケージにあるバーコードを自分のスマートフォンでスキャンして 、買物終了後にセルフレジスターで支払うことができるKroger社開発のスマートフォンアプリ「Scan, Bag, Go®」と連動させることにより、独自の情報ガイドを見ることができる新しい購買体験も可能になります。これらの機能にはMicrosoft Azureの技術が活かされています。
  • EDGE導入店舗のPOSシステムや棚割りシステムと連動した情報の表示が可能です。
  • 棚替え時(商品入れ替え時)の棚割りデータの表示や、品出し・補充の必要な棚の表示などによって作業を効率化し、店舗従業員の作業負荷を軽減することができます。
  • 陳列している商品のプライスカードの表示金額を瞬時にコントロールして、変更作業を自動化することができます。
  • 広告宣伝・販売促進の管理システムと連携することで、広告やプロモーション情報を店内の適所にタイムリーに表示し、販売促進効果を向上させることができます。

 

EDGE導入イメージ

【今後の展開】

DNPとKroger社は、EDGEを日本市場に提供していくため、製品・サービスの仕様の設計・開発・実証を行う施設(ラボ)を設け、共同で運営します。また、流通・小売企業ともコラボレーションを進め、2019年末までのサービス開始を目標として、日本市場向けプロトタイプの実証・評価を共同で行います。また両社は、ビデオ画像による顧客行動の分析、店舗内のIoT機器のセンサーのネットワーク構築による在庫管理、レジでの顧客自身による商品スキャンや決済のシステムなどにおいても、日本市場向けのソリューションサービスを共同で研究していきます。これらの研究を通じて、店舗やネットショップなど、顧客接点のすべてをデジタルで統合した“コネクテッド・リテール”の構築を目指していきます。

なおDNPは、2019年3月5日(火)~3月8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN」のDNPブース及び日本マイクロソフトブースで本サービスを紹介します。


■Kroger(クローガー)社について

クローガー社(Kroger Co.)は、1883年にバーナード・ヘンリー・クローガーがオハイオ州シンシナティで開業したアメリカ合衆国の流通・小売チェーンです。世界第3位の売上規模を誇り、スーパーマーケットなど約2,800店舗(2019年3月現在)を北米で運営しています。


大日本印刷株式会社  本社:東京都 社長:北島義斉 資本金:1,144億円
Kroger Co.  本社:シンシナティ 社長:ウィリアム・ロドニー・マクマレン 資本金:1,338億円

※記載している会社名・製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。