長宝寺 様

長宝寺 掛軸一幅

福井県越前市・浄土真宗本願寺派長宝寺の住職が、伝蓮如上人筆六字名号「南無阿弥陀仏」掛軸一幅を発見。原本は約550年前に書かれたと推定され、永年の経年変化により和紙の白さが失われ、すすやほこりや汚れによりほとんど文字が読めない状態でありました。長宝寺では専門業者に修復を依頼したが一見して「南無阿弥陀仏」文字の認識できる状態まで修復できなかった。 「伝匠美」はデジタル画像処理技術のバーチャル洗浄により、「南無阿弥陀仏」の文字を明確に浮かび上がらせることに成功しました。

DNPデジタルアーカイブ_事例_伝匠美_長宝寺_1

関連する18分野を見る

DNPデジタルアーカイブ_事例_伝匠美_長宝寺_2

原本

伝匠美

その他の事例

関連する18分野を見る