個に応じた復習問題や教材の提供を前提とした評価分析機能付きテスト基盤

リアテンダント 評価分析機能付きテストシステム

テストを紙だけでなく、タブレットでも実施できるようにした、リモート学習の早期実現を支援するテストシステムです。

●概要

個に応じた復習教材や教材の提供を前提とした、評価分析機能付きテスト基盤です。

学習者用と教職員用の機能があり、「テストのデジタル化」をワンストップで実現し、リモート学習の早期実現を支援するシステムです。

●特長

学習者が学習用端末で実施したデジタルテストの結果から、教員はリアテンダントのAI機能により、学習者がその時最も復習が必要と思われる学習課題を分析し、個に応じた適切な指導が可能になるシステム。
手書きで問題を解くまでの過程(途中式)を保存し、教員がそれを見ることができるため、児童・生徒一人ひとりに応じた指導に活かすことができます。

●機能

◇デジタルテスト機能

先生が自作したテストが、学習者用端末で出来る!

  • 教員が自作した問題を学習者用端末に配信
    先生方が使い慣れているWordでも作成できるので問題作成も簡単です。
    小テストだけでなく、単元テストや定期考査にも対応可能です。
  • 配信後、学習者はタブレットに手書きして解答
    学習者はタブレットで先生の自作テストができます。
    スタイラスペンでタブレットに手書きして解答します。
    解答までのプロセスとして、途中式の履歴も残ります。

◇テスト採点機能

学習者の解答をリアテンダントでラクラク採点!

  • 解答欄をクリックするだけで簡単に採点が可能
    設問毎に解答が一覧表示され、クリックするだけで〇×採点できます。
    確認作業も簡単なので、添削ミスを減らしながら、採点業務の時間短縮も可能です。
    解答に至るまでの過程(途中式)も見られるので、個に応じた指導に繋げることもできます。

採点画面

◇Teacher’s EYE(スタディ・ログの可視化機能)

リアテンダンドのTeacher’s EYEは、導入校からの声と国の先端的な実証事業で得た知見を活かして開発した、先生の見取りを支援する機能です。
※21年度実装予定

  • アラート機能
    急な学力低下・向上など、大きな変化があった児童・生徒の情報を自動でお知らせします。
  • 学習課題分析
    AIが児童・生徒の習熟度を解析。
    その時に最も復習が必要と思われる個に応じた学習課題を提示します。
  • 詳細分析機能
    度数分布表やレーダーチャートなど指導のポイントを分かりやすく見える化します。

◇リアテンダントデジタルドリルとの連携

「リアテンダントデジタルドリルシステム」 と連携することでさらに学習効率が上がります!

リアテンダントデジタルドリルの詳細はこちら