多様な決済サービスを提供しモバイルオーダーサービスとも連携する総合決済サービス

DNPマルチペイメントサービス

加盟店の決済インフラ共通化、各事業者への決済情報中継、決済情報を活用する集計分析機能を提供。多様化する決済サービスに対応するクラウド型サービスです。

背景

インバウンド需要の高まりやニューノーマル時代の到来に伴い、国内の決済インフラ整備がますます加速する見込みです。流通・小売業界においては、EMV(*1)ICカード対応・ペイメントカードのセキュリティ基準「PCIDSS(*2)」準拠などのセキュリティ強化ばかりではなく、決済チャンネルの拡大・海外発行カード対応などの利便性向上がこれまで以上に求められるようになります。また、できる限りの「非接触」が求められるニューノーマル時代に、”いつでも”、”どこからでも”、安心してお買いものをしたい生活者の利便性が求められています。

(*1)EMV:EuroPay、MaterCard、Visaの間で策定された、ICカードを用いたセキュアなカード取引のためにICカードや端末の仕様などを定めた国際的な統一規格
(*2)PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):カード会員情報の保護を目的として、国際ペイメントブランド5社(AmericanExpress、 Discover、JCB、MasterCard、Visa)が共同で設立したクレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準

概要

各種決済サービスのインフラを統合し、非対面と対面で多様な決済サービスに対応した「マルチ決済ゲートウェイサービス」を提供します。ゲートウェイを通過する決済情報はPCI-DSS(*2)に準拠したDNP柏データセンターでセキュアに一元管理し安心・安全な環境下での利用が可能です。また、モバイルオーダーサービスと連携したテイクアウトビジネスも支援します。

サービス概要|多様な決済サービス接続を実現

多様な決済サービスに対応したクラウド型「マルチペイメントサービス」を提供

DNPマルチペイメントサービス

各種決済手段の一括導入、WebサイトやPOS、専用端末で処理された決済情報の一元管理を可能とし、多様化する決済手段に対応する加盟店の負荷軽減・効率的な導入を支援します。また、店舗・無人精算機にも対応可能な専用決済端末をご用意しています。

Webサイト|注文受付決済イメージ

Webサイト

決済端末イメージ

モバイルオーダーサービスとの連携

新型コロナウイルスの感染防止を契機に、新しい生活様式であるニューノーマルの構築が加速するなか、生活者が自分の情報端末から事前に商品を注文し、店舗でスムーズに商品を受け取ることができるモバイルオーダーサービスの需要が高まっています。DNPマルチペイメントサービスとモバイルオーダーサービスと連動することで事前に注文と決済を行うことが可能となり、スムーズなテイクアウトや商品提供、ピックアップを実現します。事前決済として国際ブランド対応のクレジットカードを安心・安全な環境下で提供します。

モバイルオーダーイメージ

モバイルオーダーサービスとの連携

DNPマルチペイメントサービス×モバイルオーダーの特長

  • 高度なセキュリティ環境下で、事前注文から決済までの安心・安全なサービスをワンストップで実現
  • Webブラウザで利用可能なサービスで事前のアプリダウンロードが不要のため、生活者が希望するタイミングで、すぐに事前注文から決済をすることが可能
  • 導入店舗は、個々の決済事業者とのシステム接続が不要
  • プリンタ、タブレット等の周辺機器の提供や、各種プロモーション支援、BPOなど業務支援サービスを提供し、より店舗の実情に沿った形でのサービス運営をサポート可能

活用シーン

  • 飲食店やフードコートにおけるテイクアウト
  • Webサイト上で商品を注文し、店舗でピックアップするBOPIS (Buy Online Pickup In Store)方式の販売を目指す流通・小売業界やテーマパーク、イベント会場、スタジアム等さまざまな業種・業態