自社事例(京あそび)

京あそび 京都刀剣御朱印めぐり第10弾記念
京都刀剣四社の社宝と伝統文化 ~リアルとオンラインのハイブリッド文化プログラムを実施~

2020年8月8日(土)・9日(日)に日本刀にゆかりのある京都刀剣四社(粟田神社、建勲神社、豊国神社、藤森神社)の協力のもと、京都文化博物館の別館にて、リアル会場での鑑賞とオンラインライブ配信での鑑賞を行うハイブリッド文化プログラムを開催いたしました。

関連する18分野を見る

アーカイブ事業_京あそび_刀剣イベント

ハイブリッド文化プログラムの概要

ハイブリッド文化体験プログラムとは、リアルな会場とオンラインの両方で展示鑑賞会を楽しむことができ、さらにプログラム終了後もアーカイブした映像を活用することのできるニューノーマルなプログラムです。

本プログラムの特長

オンラインならではの鑑賞とコミュニケーション

アーカイブ事業_京あそび_刀剣イベント_オンライン画面

一般的に博物館等で鑑賞できる距離よりもさらに接近した映像や普段見ることができない角度からの映像で刀剣の刃文や地鉄を詳細にご鑑賞いただきました。また、鑑賞者同士のチャットによるリアルタイムでのコミュニケーション、出演者への質問投稿も行われました。

少人数での体験価値向上並びにリアルとオンラインとの相乗効果

アーカイブ事業_京あそび_刀剣イベント_リアル展示

リアル会場では入場者を少人数に制限した上で、360度からのショーケースのない展示方法で刀剣の鑑賞をお楽しみいただきました。オンライン配信を見てから参加された方は歴史的な背景や鑑賞のポイントを事前に知ることができ、より理解を深めることができました。

収録映像のアーカイブ活用

アーカイブ事業_京あそび_刀剣イベント_オンデマンド配信

オンライン配信をリアルタイムで見られなかった方や繰り返し見たいという方のために、アーカイブ映像のオンデマンド配信をvimeoにて行いました。

プログラム内容

イベントのWEBサイト
イベントのWEBサイト

<開催日時>
2020年8月8日(土)9日(日)

<開催場所>
京都府京都文化博物館別館(重要文化財・旧日本銀行京都支店)

<オンライン配信>
イープラス有料視聴チケット制ライブ・ストリーミング・サービス「イープラスStreaming+」


<開催概要>
◆ライブ動画配信によるオンライン鑑賞
日時:8月8日(土)11:00~12:20
解説付き刀剣・社宝オンライン特別鑑賞会
今回のイベントの為に集結した刀剣および社宝を、宮入法廣刀匠、および神社の方の解説をオンラインのライブ配信にて行いました。

日時:8月8日(土)17:20~18:40
トークイベント「復元刀「骨喰藤四郎」が魅了させる理由」(講演:刀匠 宮入法廣)
刀匠・彫師・研師の技によって見事に復元された骨喰藤四郎。如何にしてこの偉業を成すことができたのか、積み重ねた研究や複元することの難しさなどをお話しいただきました。
※オンラインとは別に会場(京都文化博物館 別館)に入場できるリアル鑑賞券も抽選販売

◆リアル展示の鑑賞:刀剣・社宝展示
日時:8月9日(日)10:00~17:00(指定時間60分入れ替え制)
「粟田神社」「建勲神社」「豊国神社」「藤森神社」の刀剣・社宝を京都文化博物館別館にて展示

◆会場でのグッズ販売
「京都刀剣御朱印めぐり」とイベントの開催を記念したグッズの販売


※刀匠 宮入 法廣(みやいり のりひろ)
長野県坂城町出身。人間国宝の隅谷正峯氏に師事。39歳の若さで刀匠最高位の無鑑査刀匠となり、平成22年に刀剣界最高峰の正宗賞を受賞。平成23年に長野県無形文化財技術保持者に認定される。平成22年に宮内庁正倉院事務所の依頼により宝物「小三合刀子」を復元制作、平成23年に埼玉県立博物館の依頼により国宝「稲荷山鉄剣」を復元制作。豪胆な日本刀だけでなく、天平時代の貴人に愛されたエレガントな「刀子(とうす)」も手がけるアーティストでもある。

<各神社の展示品>

■刀剣

■社宝 
・粟田神社 : 【通常非公開】 剣鉾(松鉾)
・建勲神社 : 【通常非公開】宗三左文字(義元左文字)押形/【通常非公開】安土城金箔瓦
・豊国神社 : 【通常非公開】 豊公築所聚楽城趾形勝
・藤森神社 : 【初公開】 鶴丸国永写し押形

上記の他、【通常非公開】宗三左文字(義元左文字)押形(建勲神社)や【初公開】鶴丸国永写し 押形(藤森神社)など、通常非公開の社宝が多数展示されました。

<参加者の声(アンケートより抜粋)>
・(オンライン参加)かなり寄った映像だったので、刀剣を間近で見れたようでうれしいです。遠征できない中、こういった番組はとても嬉しいです。(東京都在住 30代女性)
・(オンライン参加)京都まで行くのが憚られる時期なので、オンラインで参加ができて嬉しかったです。刀の肌もよく見えて満足です。(島根県在住 20代女性)
・(オンライン参加)コロナ禍が終わってもオンラインを続けてほしい。通常でも参加できない方もいるので、これからも現地参加、オンライン参加が選べるとうれしいです。(神奈川県在住 50代女性)
・(会場展示参加)人が多すぎず、ゆっくり見られたのがとても良かったです。写真撮影できたことも家族全員大喜びでした!(京都府 30代女性)

その他の事例

関連する18分野を見る