国立工芸館様

「工芸とであう」2D作品解説検索システム

国立工芸館のコレクションを概観し、気になる作品画像からその作品の解説や技法を閲覧していくデジタルコンテンツを導入いただきました。 画像の拡大機能により作品の細部や特徴などの鑑賞、ジャンルや年代からの作品検索から同時代、同ジャンルの作品への理解を促します。

関連する18分野を見る

デジタルアーカイブ導入事例_国立工芸館_「工芸とであう」2D作品解説検索システム

機能

●画面エリアを2分割し、2人まで同時操作可能
●表示言語は日・英・中(簡体字)・中(繁体字)・韓国語の5言語
●弊社、所蔵品管理システム「汎用アーカイブシステム」によるコンテンツ更新が可能

待機画面

作品画像がランダムに左から右へ流れていき、タッチを促すサインとアニメーションが表示されます。
作品画像をタッチすると作品解説画面が表示されます。

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_待機画面

作品選択画面

「解説」・「技法」・「拡大画像」がポップアップされ、作品の詳細を見ることができます。

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_作品解説画面

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_技法解説画面

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_作品拡大画面

年代選択

年代から作品を検索することができます。選択された年代に該当する作品一覧がポップアップされ、興味のある作品の詳細を知ることができます。

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_年代検索画面

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_年代検索画面

分類選択

分類から作品を検索することができます。選択された分類に該当する作品一覧がポップアップされ、興味のある作品の詳細を知ることができます。

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_分類検索画面

「工芸とであう」2D作品解説検索システム_分類検索画面

関連ページ

この事例で導入した製品・サービス

デジタルアーカイブソリューション_汎用アーカイブシステム

美術館・博物館向けアーカイブシステムの構築で培ったノウハウに基づいた、手軽に導入できるアーカイブシステムです。

その他の事例

関連する18分野を見る