株式会社アレフさま

新入社員の顔写真をKi-Re-iで撮影!後加工の手間もなく
ストレスフリーに

近年、新入社員の内定式や社内イベント等も一つの会場に集まらずにエリアで分けたり、リモートで行っている企業も増えています。
社員が一堂に会する機会が減っているので、社員証だけでなく、社内報などに掲載する社員の顔写真をどうやって撮影して集めれば良いのか?というお悩みを抱えたご担当者さまから、多くのお問合わせをいただいております。

今回、新入社員の社内報の写真撮影でDNP顔写真収集サービスを3年連続でご導入いただいている「びっくりドンキー」などのレストラン事業を展開されている株式会社アレフのご担当者さまからのコメントを紹介します。
(本記事は2023年12月に取材した内容をもとに構成しています。)

2024年1月31日 公開

導入企業さま プロフィール

株式会社アレフさまロゴ

  • 【会社概要】
    「びっくりドンキー」を45都道府県に344店舗展開、「ディッシャーズ」「パスタと釜焼ピザレストランらくだ軒」「ビアパブ小樽倉庫No.1」などレストラン事業のほか、エコロジーテーマガーデン「えこりん村」などを運営 ※2023年12月31日現在で352店舗。
  • URL:https://www.aleph-inc.co.jp/

導入の背景

これまで行っていた新入社員の顔写真撮影は、全国から一同に集まった内定者会の際に、その場で撮影していました。
しかし、コロナ禍により新入社員を一同に集めることが出来なくなり、各人がそれぞれ撮影をおこない、顔写真データを収集するように切り替えました。しかし、大きさや色合いなどがバラバラで、後加工が大変で困っていました。そのため簡単に顔写真を収集できる方法がないか探していたところDNP顔写真収集サービスを知りました。
当初は使い方の不安もありましたが、デモやテスト撮影のほか、管理サイトの使い方のサポートや撮影をする社員向けのマニュアルを作成いただいたことで、安心して導入に踏み切ることができました。

導入後の効果

全国各地にKi-Re-iが設置されているので、新入社員を一堂に集めることなく、それぞれが近隣のKi-Re-iで24時間いつでも撮影を行うことができました。
本体にストロボがいくつも設置されていることもあり、均一かつ映りが良い写真が撮れ、今まで外注で対応していたレタッチやトリミング等の後加工の必要も無くなりました。
また、オレンジの背景を指定することで、新入社員のフレッシュさをアピールすることもできました。
3年前に初めて導入して以来、撮影する新入社員をはじめ社内の評判も良く、今後も継続して利用していきたいと考えています。

製品・サービスの販売元

証明写真機Ki-Re-iや、スマートフォンで規格に沿った顔写真の撮影が可能です。
専用機のレンタルも行っているので、お近くに証明写真機がない地域でも安心してご利用いただけます。

※Ki-Re-iは、DNP大日本印刷の登録商標です。

この事例で導入した製品・サービス

その他の事例