クレジットカード情報を守る厳格な情報セキュリティ体制を整備

PCI DSS準拠・維持支援サービス

PCI DSSへの準拠および維持支援コンサルティング、PCI SSC認定評価機関(QSAC)によるオンサイト評価、PCI SSC認定内部監査人(ISA)によるアドバイス、準拠に向けて必要な周辺ソリューション(サービスやツール)のご提供まで、ワンストップでサポートいたします。※PCI DSS準拠にかかる負荷を軽減する、日次ログレビュー代行「日々ログサービス」も2017年10月16日にリリースしました。

PCI DSSとは

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)は、クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。国際カードブランド5社(American Express, Discover, JCB, MasterCard, VISA)が共同で設立したPCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)によって運用、管理されています。 


サービス概要

PCI DSS準拠・維持に関するコンサルティング、PCI DSS認定評価機関(QSAC)によるオンサイト評価ほか、周辺ソリューションの提供まで全面サポートいたします。下図ご参照ください。

業種を問わず、企業・組織の情報セキュリティ体制整備にも役立ちます!

PCI DSSは、情報セキュリティに関する基準が具体的な数値で示されています。個人情報や機密情報を取り扱う企業・組織は、PCI DSSに準じて社内ルールを徹底することにより、より一層厳格な情報セキュリティ体制の整備を実現することができます。

サービス概要に示したフェーズ1の「Fit&Gap分析」は、PCI DSSの要件と貴社の現状のセキュリティ体制を照合することによって、現状の体制がどの程度のレベルにあるかを確認し、今後の対策方針を検討するためにも活用いただけるサービスです。


日次ログレビュー代行サービス

PCI DSS準拠に必要な日次ログレビューが、PCI DSS準拠を目指す企業に与える負荷を軽減するために生まれたサービスです。PCI DSSへの準拠のために、ログ解析ツールを導入したり、365日欠かさずにログを確認するための専任担当者を用意する必要がありません。

詳しくは、お問い合わせください。