DNP情報銀行

私たちの情報セキュリティノウハウで、
大切なパーソナルデータを預かります

情報銀行とは

情報銀行とは、生活者の医師の元でパーソナルデータを預かり、管理運用することで生活者と企業のリレーションの在り方を根本的に変えて、生活者の豊かな暮らしを実現するための仕組みです。

パーソナルデータが分散して存在。生活者はその把握や管理が難しく、使われ方も不安。企業は限られたデータでの顧客分析やサービスに限界がある。

生活者がパーソナルデータを情報銀行に預託する。情報銀行は預託されたパーソナルデータを生活者の同意を取得し、妥当性を判断したうえで企業に第三者提供を行う。

企業は情報銀行を介することで正確な顧客分析やニーズに合った商品、サービスの提供が可能になる。

DNPがめざす情報銀行

DNPは情報銀行を通じ、生活者のライフスタイルに合わせたサービス・便益を提供することで、「生活者の未来を豊か」にし、「企業との円滑なコミュニケーション」が出来る社会の実現をめざします。

DNPは情報銀行の”サービス開発・運営(他事業者とのアライアンス)”と”プラットフォームの構築・提供”を行っています。

DNPは、各社の情報銀行を運営するだけでなく、それぞれの情報銀行を互いにつなぎ合わせる「ハブプレイヤー」として、生活者に快適な情報利活用サービスを推進することに加え、生活者が安全・安心に情報を預託できるプラットフォームを提供することを実現していきます。

鈴木光さん出演のTV-CM

DNP情報銀行 説明動画

リンク:【NEWSPICKS】あなたのパーソナルデータがあなたのくらしを豊かにする(上原浩治氏対談記事)(別ウィンドウで開く)

各種ご商談・お問合わせ(別ウィンドウで開く)

サービス・事例

安心安全なデータ流通を支える新時代の情報活用基盤。高い安全性を持ち、パーソナルデータの管理・活用を支援するシステムプラットフォームです。

パーソナルデータを活用した事業の新規立上げを目指す事業者様に対して、情報銀行の仕組みを実証環境で提供するクラウドサービスです。必要な機能と環境を提供し、既存事業に影響なく実証が可能です。

各種ご商談・お問合わせ(別ウィンドウで開く)