あらゆる場所、用途に最適なICカードソリューションを提供

接触ICカード

ICカードのトップクラスベンダーとして、さまざまな用途に合わせた製品を取りそろえております。

 接触ICカードの構造

カード表面に取り付けられたICモジュールとリーダ/ライタの端子を接触させて、電力供給や通信を行います。接触型ICカードは、読取りや書込みを安定して行うことができ、高度な暗号処理も可能です。高いセキュリティ性が求められる決済やPKIなどの分野に使用されています。
external_image 

接触型ICカードの種類

汎用OSカード(Java カード)

汎用OSカードは、アプリケーションを書き換え可能なユーザメモリに格納しているため、アプリケーションの追加・削除が可能です。
external_image 

専用OSカード(Native カード)

専用OS(Native)カードは、アプリケーションで使用する処理プログラム(専用OS)が読出し専用メモリ(ROM)に格納されています。クレジット、銀行など、各業界の仕様に合わせたカードを用意しています。

external_image

接触型ICカードラインナップ

■Native カード

全銀協キャッシュアプリ/EMV仕様/各種ポイントアプリをあらかじめROMに搭載したカードです。ICキャッシュカード、ICクレジットカードで多くの採用実績があります。


 用途

 

 ユーザメモリ容量

 8KB、16KB、32KB

 搭載アプリケーション

 VISA、Mastercard、JCB、全銀協キャッシュ、ETC、各種ポイントアプリ


Javaカード

 

書き換え可能なメモリ(ユーザメモリ)にアプリを搭載するため、発行後にアプリケーションの追加や削除ができるカードです。


 用途

 

 ユーザメモリ容量

 18KB、36KB

 搭載アプリケーション

 VISA、Mastercard、JCB、全銀協キャッシュ、生体認証、各種ポイントアプリ

 

 ※"TOSHIBA PATENT"ICカード製造・発行にあたっては、株式会社東芝から特許ライセンスを受けています。
 ※JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴはOracleやその関連会社の米国およびその他の国における
  商標または登録商標です。 

 ※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。