表面を強くする

IMPROVING SURFACE DURABILITY

インキをコーティングしたフィルムに熱や光を加えることで、硬化・耐候・防汚といった、表面の耐性を高める機能を付与できます。 加えて、曲げる・折るといった加工の自由度が高い点も特徴です。 DNPは、住宅の内外装材や、モビリティ用樹脂素材の強化などへの利用・研究に取り組んでいます。

製品・サービス一覧

ハードコート性能を樹脂に付与するフィルムと、本技術を適用した樹脂成形品です。

技術紹介

電子線の照射で対象物を瞬時に高機能化する<EB硬化>技術

電子線を照射することで、樹脂や塗膜を瞬時に高機能化する技術です。使用する樹脂の種類や照射条件によって、硬化・耐候・防汚などさまざまな機能を引き出すことができます。生産工程での省エネルギー化やCO2削減、無溶剤塗工を実現するなど、環境・健康配慮にも貢献する技術です。

EB硬化技術の説明

任意の機能を別の基材を介して付与する<転写>技術

インキなどの材料を直接塗布するのではなく、別の基材に塗布したものをプラスチックやガラス、金属などに押しつけ、熱プレスなどにより文字や絵柄を貼り付ける技術です。直接印刷では難しい凹凸のある対象物にも、美しい装飾を追加できるのが特徴です。車の内装部材や容器などに意匠を付与する加飾フィルムなど、幅広い分野で活用されています。

転写技術の説明

コラム

DNP超耐候ハードコート転写フィルムイメージ画像

電気自動車(EV)の本格普及が間近に迫る中、開発 競争の焦点のひとつが、軽量化の問題。樹脂グレージングは、一般のガラスに比べて約半分の重さという特長に加え、「成形性が高い」「耐衝撃性や断熱性に優れる」などメリットが多いものの、耐候性や耐傷性はガラスより劣るというアキレス腱を抱えていました。

その他関連ページ

機能性フィルムイメージ画像

エレクトロニクス、モビリティ、エネルギー、包装、ライフサイエンスなど、さまざまな分野に新しい価値を提供しています。

光を制御するイメージ画像

フィルムの表面に刻み込む微細なパターンや光学特性を有する材料のコーティング、材料自体の光学特性などを光学設計にもとづいて最適化することで、光の透過・反射・拡散などの効果を付与できます。

中身を護るイメージ画像

ガスバリア性、熱成形性、非吸着性などの特性をもつフィルム材料を貼り合わせて内容物を保護することができます。

表面を彩るイメージ画像

フィルムの表面加工は、機能付与だけでなく、色彩や意匠を施す効果があります。また、製品の部品点数の削減、製造工程の簡略化といったメリットも生まれます。

異種材料を接着するイメージ画像

熱や化学反応により溶融・硬化するフィルムの特性を活かし、2つの素材を接着することができます。

電気を通すイメージ画像

加工が容易で電気を通さない樹脂フィルムは、内部に微細な電極を配置することで、さまざまな電子部品に活用されています。