ローカル5G向けSIMカードの提供を開始

企業・団体等が独自に構築できるローカル5G通信を支援し、地域や産業の活性化を実現

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、第5世代移動通信システム(5G)のネットワークを、自治体や地域の企業・団体などが独自に構築できる「ローカル5G」に対応したSIM(加入者識別用モジュール)カードの提供を2020年3月に開始します。

ローカル5Gの利用シーン

【背景】

ローカル5Gは、既存の携帯電話事業者が全国に提供する5Gサービスとは異なり、特定の工場や建物、敷地内など、限られた範囲で利用可能なネットワークです。高速大容量、低遅延、多数同時接続などの5Gの特長を活かしながら、個別のニーズに応じた独自のネットワークシステムを特定の場所に構築できるため、医療施設での遠隔診断、生産効率を高めるスマート工場、リアルタイム性を活かした新たなエンターテインメントなど、さまざまな用途での利用が期待されています。ローカル5G用のスマートフォンやタブレット端末、IoT機器には認証を行うためのSIMカードが必要であり、それによって、第三者からの不正アクセスを防ぐ高セキュリティなネットワークシステムが実現します。DNPは国内の大手ICカードベンダーとして多くのSIMカードの開発・製造を手掛けてきた実績やノウハウをもとに、今回ローカル5G向けSIMカードの提供を開始します。

【DNPが提供するローカル5G向けSIMカード、関連サービスの特長】

  • DNPは2001年に国内初の第3世代(3G)向けSIMカードを提供しています。1980年代からICカード事業で培ってきた「セキュリティソフトウェア開発技術」や「媒体開発・製造技術」、「鍵管理・暗号化技術」など、SIMカードに関する高度な技術や実績・ノウハウを保有しています。今回、これらの強みを活かして、高品質のローカル5G向けSIMカードの提供を開始します。
  • SIMカードを初めて扱う企業や地域の団体に対して、発行データの設定をはじめとするSIMカード導入に関するコンサルティングや運用支援などのサービスも提供します。
  • ローカル5G向けSIMカードの製造は、高いセキュリティ環境を整備した国内工場で行います。
  • 全国のDNPの営業網を活かして、顧客の要望に応じたきめ細やかな対応と供給を実現します。

【今後の展開】

DNPは、ローカル5G向けSIMカードのほか、導入に関連するサービスなども提供し、2023年度までに5億円の売上を目指します。


*ローカル5G向けSIMカードの詳細はこちら https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10157626_1567.html
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。