「東京グレートサンタラン2020」に協賛 闘病中の子どもたちに向けて、バーチャル接客サービスを活用した“オンラインクリスマスイベント”を実施

大日本印刷株式会社(以下DNP)は、国内外の子どもたちを支援するチャリティーイベント「Tokyo Great Santa Run(東京グレートサンタラン)2020」(主催:一般社団法人 OSAKAあかるクラブ)の趣旨に賛同し、3年連続で協賛しています。

当イベントは例年、参加者がサンタクロースの姿で走ることで、楽しみながらチャリティーに参加してきましたが、本年はコロナ禍により、対面での接触ができないため入院中の子どもたちに向けて、DNPの「バーチャル接客サービス」*¹を用いたクリスマスイベントを 2020年12月15日(火)・21日(月)・24日(木)に実施しました。

クリスマス会配信の様子(ファンズちゃん)

クリスマス会配信の様子(紙芝居)

「ファンズちゃんクリスマス会」と題したこのイベントは、東京都内の東京医科歯科大学医学部附属病院・榊原記念病院・国立成育医療研究センターと、DNPが運営する生活者向け施設「DNPプラザ」をネットワークでつないで実施しました。バーチャル接客サービスを用いることで、DNPクリエイター共創サービス「FUN'S PROJECT」の公式キャラクター「ファンズちゃん」*²と、病院に入院している子どもたちがオンラインでコミュニケーションしました。絵本をデジタル化したバーチャル絵本の読み聞かせや、クイズ大会を行い、画面越しでキャラクターと対話するなど、非日常のワクワクする時間を子どもたちに届けることができました。

 

 

Tokyo Great Santa Run「ファンズちゃんクリスマス会」の概要

◆実施日 : 2020年12月15日(火)・21日(月)・24日(木)

◆実施場所 : DNPプラザ(東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル)

 *東京医科歯科大学医学部附属病院・榊原記念病院・国立成育医療研究センターとDNPプラザをネットワークでつないで実施

◆主催 : 一般社団法人 OSAKAあかるクラブ

◆「東京グレートサンタラン2020」公式ホームページURL : https://santarun.jp/

「東京グレートサンタラン2020」におけるDNPの取組み

国内外の子どもたちの支援を目的とするチャリティーイベント「グレートサンタラン」は、大阪で2009年に、東京では2018年にスタートしました。2019年の「東京グレートサンタラン」では、約3500人の参加者がサンタクロースの姿で駒沢公園を走るランイベントを行いました。今年は新型コロナウイルスの感染防止のためリアルのイベントを控えるとともに、病院での面会やプレイルームの使用が制限されるなど、闘病中の子どもが家族の触れ合う機会などが限られてきているなか、入院中の子どもたちに向けたオンラインクリスマスイベントを行いました。

DNPは「DNPグループ行動規範」に持続可能な社会の構築に貢献していくことを掲げ、「より良い社会づくりのものさし」の一つとして「SDGs(持続可能な開発目標)」を活用しています。特に、社会貢献活動の重点テーマの一つとして「次世代育成」に取り組んでおり、SDGsのターゲット1「貧困をなくそう」及びターゲット3「全ての人に健康と福祉を」の推進にもつながると考え、3年連続で「東京グレートサンタラン」に協賛しています。

今年DNPは、クリスマスイベントのほか、「DNPマーケティングフォトブース sharingbox PRIME(シェアリングボックス プライム)」を活用し、記念写真を無料で撮影・プリントするサービスも提供しました。このイベントにご賛同いただいた生活者と医療関係者の皆さんが撮影した355枚の写真をパネルに貼り付けて巨大なモザイクアートを制作し、病気と闘う子どもたちのために、クリスマスプレゼントとして病院に届けました。

なお本イベントの寄付金の一部は、主催者を通じて、国内で病気と闘う子どもたちへの絵本やオモチャなどのクリスマスプレゼントのほか、ケニアの先住民族への医療支援や、虐待などから救出されたフィリピンの少女たちへの医療及び教育支援事業などに役立てられています。


*1 バーチャル接客サービス :https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191078_1587.html
*2 DNPクリエイター共創サービス「FUN'S PROJECT」の公式キャラクター「ファンズちゃん」のオフィシャルサイト:https://funs-project.com/funschan/