液体にも対応したポリプロピレンのモノマテリアル包材を開発 コルゲート社が東南アジア市場に向けたシャンプー用小袋として採用

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、酸素や水蒸気等のバリア性を備え、メタリック調の意匠・デザインを実現し、液体の内容物に対応可能なポリプロピレン(PP)の単一素材(モノマテリアル)のフィルムパッケージを開発しました。この製品は、複数の素材からなる通常のフィルムパッケージと同等のバリア性を備えており、今回、世界的な消費財メーカーのColgate-Palmolive Company(以下:コルゲート社)の性能要求を満たしたシャンプーとコンディショナーの小袋(サシェット)にて採用されました。本製品は、東南アジア市場で販売されています。

 
コルゲート社で採用された商品              液体にも対応したPPのモノマテリアル包材

【PPのモノマテリアル包材開発と採用の背景】

海洋プラスチックごみ汚染問題をきっかけのひとつとして、使用後のプラスチックを資源として再利用するリサイクルの取り組みが全世界で加速しています。特に、欧米のグローバルメーカーの多くは、環境方針として、パッケージを100%リサイクル可能にすることを宣言しており、コルゲート社は、2025年までに同社のプラスチックパッケージの全てをリサイクル、再利用、もしくは堆肥化可能にすることを表明しています。
DNPは、食品や日用品等に向けて、多様な機能を持たせることでリサイクル性を高めたモノマテリアル包材を2018年から開発・提供しています。今回開発したPPモノマテリアル包材は、コルゲート社の開発評価の協力を経て、採用に至りました。
本製品は、現在コルゲート社が販売しているアルミ蒸着PETを使用したメタリック調のフィルムパッケージのサシェットと同等の物性と外観で、モノマテリアル化を実現しています。高いバリア性を有し、香りも保持できるうえ、既存の充填機で生産が可能で、意匠性を実現していることなどが高い評価を受けました。

【今回開発したPPのモノマテリアル包材の特長】

○DNP独自のコンバーティング技術*1を活かし、アルミ箔を使わなくても酸素や水蒸気に対する高いバリア性を実現しています。PPのモノマテリアルで、そのフィルムに複数の機能を付加して積層させることでリサイクル性を高めたパッケージです。
○アルミ蒸着PETを使用しているフィルムパッケージと同等のメタリック調の輝きを実現します。
○液体にも使用可能で、シャンプーやコンディショナー等の日用品のほか、食品・粉末飲料・粘り気のある粘調物など、多様な用途に使用できます。
○軟包装業界における循環型経済を推進する欧州のコンソーシアム「Circular Economy for Flexible Packaging(CEFLEX)」のガイドラインに準拠した設計が可能です。また、ドイツのリサイクル認定業者であるInterseroh社によるリサイクル適性の認証も受けており、「Made for Recycling」マークを取得しています。

「Made for Recycling」マーク
*1:コンバーティング技術 材料の形を変えたり、複合したりする材料加工技術。DNPは、製膜、コーティング、ラミネート、蒸着、賦型、転写、切断・研磨、製袋・成型・製本など、紙やフィルムなどの素材の加工技術


■DNPの製品・サービス開発に関する取組み

DNPは、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みとパートナーの強みを掛け合わせて、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値の創出に取り組んでいます。海洋プラスチックごみ等に代表されるプラスチック問題の解決や循環型社会の実現、地球温暖化を抑制するソリューションの開発などにも取り組み、グループを挙げて環境配慮製品・サービスの開発・提供に力を入れています。
人々の暮らしに身近なパッケージについては、環境配慮に努め循環型社会を目指す「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」*2、使いやすさと自分らしさを叶え生活の質の向上に貢献する「DNP生活向上パッケージング LIFE PACKAGING」*3、機能や生産技術の工夫により最適なモノづくりを追求する「DNP最適追求パッケージング FINE PACKAGING」*4という3つのブランドで、各種製品・サービスを開発しています。


*2「DNP環境配慮パッケージングGREEN PACKAGING」: https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190186_1567.html
*3「DNP生活向上パッケージング LIFE PACKAGING」:https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190187_1567.html
*4「DNP最適追求パッケージング FINE PACKAGING」:https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190188_1567.html

【今後の展開】

今後も高度なコンバーティング技術を活かして、バリア性・耐熱性・耐久性などの機能を高めた製品ラインアップを拡張するなど、プラスチック使用量の削減やCO2排出量の削減に向けて、さらなる環境配慮製品・サービスの開発を進め、国内外に展開していきます。


大日本印刷株式会社本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円
Colgate-Palmolive Company本社:米国ニューヨーク 代表取締役社長:Noel Wallace 資本金:14.66億ドル
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。


ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索