大日本印刷と武蔵野美術大学 6/21~9/2共催企画展「見えてないデザイン展」を開催

2021年6月25日

大日本印刷株式会社
武蔵野美術大学

大日本印刷株式会社(本社所在地:東京都新宿区 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)と武蔵野美術大学(所在地:東京都小平市 学長:長澤忠徳)は、「DNPプラザ」(東京・市谷)にて、共催企画展「見えてないデザイン展」を2021年6月21日(月)~9月2日(木)に開催します。

DNPと武蔵野美術大学は、2019年の同大学の市ヶ谷キャンパス開設を機に、産学共同研究契約を締結しています。武蔵野美術大学のアートやデザインの知見とDNPの印刷に関わる技術やノウハウを掛け合わせ、共同研究やイベント、ワークショップなど、新しい価値を創出するさまざまな活動を展開しています。

 

■企画展「見えてないデザイン展」

武蔵野美術大学は2012年から2020年まで、六本木ミッドタウンにおいて、「新たなデザイン教育のあり方」や「デザインの社会実験の場」を目的として「デザイン・ラウンジ」を展開してきました。昨年11月に開催した展覧会では、美術やデザインを通してまだ「見えてない」ものに気づき、考えるきっかけとなるために、高校生や一般の方からワークショップを通して、制作・収集した「問いのカード」378枚を、教育・地域・産業・文化・生活・多様性の6つのテーマで分類し、DNPプラザに展示しています。

「問いのカード」は、デザインを実践する上で欠かせない「フォト・オブザベーション(観察)」というリサーチの手法を用いて制作されています。この手法は、私たちが日常で何気なく見逃している光景から、美しさや違和感、人の行動に目を向け、その本質を見出し、課題解決の糸口にしていくものです。

DNPと武蔵野美術大学は、この展示をきっかけとして、社会の中でまだ「見えてない」ものに意識を向け、「問い続け」ていくことで、新しい価値を創出する活動をさらに進めていきます。

※今回DNPプラザで開催する「見えてないデザイン展」は、2020年11~12月に武蔵野美術大学が東京ミッドタウン・デザインハブで開催した企画展「見えてないデザイン-社会に問い続けるムサビ-」を編集したものです。
 

開催概要

○会期 : 2021年6月21日(月)~2021年9月2日(木) ※日曜休館

○開催時間 : 10:00~20:00(展示最終入場 19:30)

○入場料 : 無料

○会場 : DNPプラザ(https://plaza.DNP/) 

   東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNPプラザ1Fコミュニケーションゾーン

○主催 : 大日本印刷/武蔵野美術大学

  

ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索