大日本印刷、マルトモ、武蔵野美術大学 産学連携でかつお節とだしを未来につなげるデザインワークショップを開催!

Z世代の新たな発想で、これまでにない新商品開発を目指す

大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島義斉 本社:東京都新宿区 以下:DNP)は、マルトモ株式会社(社長:今井均 本社:愛媛県伊予市)、武蔵野美術大学(学長:長澤忠徳 東京都小平市)と連携し、「かつお節とだし」をテーマとした新商品開発を推進します。

external_image  external_image  external_image

この取り組みは、企業と研究・教育機関との共創を通じて新たな企業価値、商品価値を創出することを目的にマルトモと武蔵野美術大学、DNPがコラボ。かつお節の価値再発見と利用機会増大を期待した新商品としてのパッケージデザイン開発を最終ゴールとして進行します。

2021年11月25日(木)には、DNPが運用するオープンイノベーション拠点「DNPプラザ」(東京都新宿区)で共創活動を開始し、武蔵野美術大学の学生参加者10名に向け、マルトモの土居幹治常務取締役マーケティング本部長が、「かつお節とだし」や和食文化に関する特別講義とオリエンテーションを行いました。ワークショップやプレゼンテーションを経て、2022年の秋冬の新商品発売を目指します。

なおDNPは、2019年12月に武蔵野美術大学と産学共同研究の契約を締結しています。「DNPプラザ」やプレゼンテーションとコラボレーションのための「P&Iラボ」等の拠点も活用し、今後、マルトモをはじめとした多様なステークホルダーと1990年後半から2000年代に生まれた「Z世代」の発想も活かしながら、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える価値の創出に向けた共創活動に取り組んでいきます。

*武蔵野美術大学について(URL:https://www.musabi.ac.jp/):1929 年に帝国美術学校として創立し、「教養を有する美術家養成」「真に人間的 自由に達するような美術教育」を教育理念に掲げ、文化の創造発展と社会貢献に寄与すべく教育研究活動に邁進してきました。造形学部と造形構想学部の2学部に、美術・デザインの広がりに対応する12学科と通信教育課程を有し、大学院造形研究科、造形構想研究科をあわせて輩出した卒業生は7万2,000 人を数えます。


ニューストップへ

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索