東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA 「昭和百年展」開催!

FEMM、Yup’in、安斉かれん、mzsrz、十五少女ら、音楽アーティスト5組からなるアンバサダーが登場

大日本印刷株式会社(DNP)は東京・渋谷の「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」にて、新進気鋭のデジタルアーティスト達が集まるアート展「昭和百年展」を開催します。

第2弾キービジュアル 左から、FEMM、Yup’in、安斉かれん、mzsrz、十五少女

この度、本展のコンセプトであるサイバーパンクやリバイバルを音楽面で表現し、参加クリエイターともコラボレーション経験を持つFEMM、Yup’in、安斉かれん、大原きらり/作山由衣/ゆゆん(from mzsrz)、竹虎レオナ(from 十五少女)ら5組のアーティストが、「昭和百年展アンバサダー」に就任しましたことをお知らせします。同時に、彼女たちが「昭和百年展」の会場で、実際に撮影した第2弾キービジュアルも公開しました。会場には、来場者が第2弾キービジュアルと同じセットや構図で撮影可能な「電話BOX型フォトブース」を設置し、観るだけでなく、昭和百年という世界観の中に入り、楽しんで頂ける展示を目指します。

■「昭和百年展」の開催概要

○開催日程 : 2022年1月21日(金)~1月30日(日) 11:00~20:30(展示最終入場20:00)

○会場 : 東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA(東京都渋谷区神南1丁目21-3 渋谷MODI 2F)

○入場料 : 無料

○WebサイトURL : https://tokyoanimecenter.jp/event/showa100/

○Twitter公式アカウント:https://twitter.com/Showa1926_2025


<昭和百年展アンバサダーの紹介>

・FEMM

RiRiとLuLaによる意思を持つ2体のマネキン・ラップ・デュオ。痛烈なメッセージを持つガールズ・アンセムでアメリカのティーンらに支持されると、瞬く間に、ヨーロッパや南米、そして、アジアへと拡散。結果、1st アルバム「Femm-Isation」は、全米「Billboard Chart」の「World Albums」でトップ10入り、イギリスでも「HMV」全店で「Best Indies Album」に選出され、国内外でフィメール・ラップ・シーンのニュー・ディケイドを切り拓いた。

・Yup’in

東京出身のシンガーソングライター。幼少期から両親の影響で、ピアノやバンド楽器など音楽のある環境で育つ。アーティスト名Yup’inの“Yup”にはスラングで“YES”という意味と“高飛車で生意気”という二つの意味が込められており、その名の通り、Yup'inの歌には、“自分を愛すること”の大切さを肯定する前向きなメッセージ、そして、一方で、“普段口に出せない心の叫び”を託したメッセージが込められている。

・安斉かれん

『ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代型の一人。2020年最も話題となったドラマ「M 愛すべき人がいて」にW主演のひとりとして出演。5th「僕らは強くなれる。」は音楽関連ランキングにチャートインしGoogleトレンド急上昇ワードで1位を2度獲得。ファッション・アイコンとして、コスメティックブランドの「M·A·C」の店頭ビジュアルへの連続採用やティーンから絶大な支持を受けるカラコンイメージキャラクターを飾るなど注目が集まっている。

・大原きらり/作山由衣/ゆゆん(from mzsrz)

顔出しもダンスも不要の次世代オーディション「ヨルヤン」を勝ち抜いたボーカリストからなる5人組。コンセプトは “見ず知らずだった私たちから、まだ見ず知らずのアナタへ”。音楽プロデューサーに『DECO*27』を迎えて、十代の普通の若者でもある彼女たちが歌うのは、1/不特定多数(アノニマスブンノイチ)なボクら “一人独り” が暮らす何の変哲もない日常の些細をつづった『MICRO MUSIC(ミクロ・ミュージック)』。

・竹虎レオナ(from 十五少女)

15人の仮想少女からなるジュヴナイル・コミューン。終わらない夏の終わり8月32日(9月1日)に、死をテーマにしたファーストE.P.「HATED(DEATHのアナグラムになっている)」をリリース。大胆不敵で緻密なビジュアルは、『ケイゴイノウエ(キャラクターデザイン)』と『ゆうたONE(グラフィックデザイン)』のタッグによるもの。半透明な存在である彼女たちは、存在しないはずの時間軸で、この世界とよく似た世界に確かに存在する “誰か” の “場合” を代弁する。

■見どころ

  • 総勢18名の最先端アーティストが一堂に集う展示会*1
  • 30台以上のモニターで、100点を超える作品の数々を展示
  • 幅7mの大型スクリーンでCGアニメーションやミュージックビデオ等の映像作品を鑑賞*2
  • 第2弾キービジュアルのアンバサダーと同じ構図で撮影可能な電話BOX型フォトブース「CONNECT TO SHOWA100」の設置*3
  • 近未来サイバーパンクアーティスト「CHA2」による立体オブジェクトエリア*4
*1:アーティスト一覧(左)*2:幅7mの大型スクリーン(右)

*3:電話BOX型フォトブース「CONNECT TO SHOWA100」
*4:CHA2 過去の作品(動画)はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=NKUiVHHU0no&t=6s

■Spotifyで「昭和百年展」に関連した2つのプレイリストを提供

1.アンバサダー5組の楽曲を含む、東京アニメセンターから贈る限定プレイリスト

https://open.spotify.com/playlist/3d9PqMBGRB8hys4X7t9aNW

鑑賞前も鑑賞後にも「昭和百年展」をさらに楽しんでいただくため、本展示会をイメージしたオリジナル楽曲リストを提供します。プレイリストは、Gerbera Music Agencyが運営するプレイリストレーベル『Pluto』*5が制作を手掛けました。

<プレイリストの構成イメージ>

展示するデジタル作品に合うビートのある楽曲で始まり、中盤は「渋谷・ネオン・夜」を感じさせる楽曲、終盤はインストゥルメンタル曲や海外でも話題となった竹内まりやの『プラスティック・ラブ』などで構成します。


2.みんなでつくろう!作品とコラボレーションする共創プレイリスト

鑑賞後に来場者自身が展示会に合った楽曲を共有する事ができる「昭和百年展 コラボプレイリスト」も同時に提供します。下記URLにアクセスすることで、楽曲を自由に追加できます。

https://open.spotify.com/playlist/1GuQEcK1b4MLmT66mqD28o

*5:Pluto Gerbera Music Agencyが2018年より運営する、日本の音楽を海外リスナーに向けて発信するプレイリストメディア。複数のセレクターが所属し、毎週水曜にプレイリストを公開または更新している。これまでにプレイリストを100以上制作し、セレクターチームが今おすすめする楽曲プレイリスト『Pluto Selection』を隔週更新中。企業のプレイリスト制作も数多く担当しており、Spotifyブランドプレイリスト制作数は日本No.1。
○サービスサイト:https://pluto.gerbera-music.agency/

■NFTカード配布キャンペーン開催中

本展示会のTwitterアカウントをフォロー&リツイートした方の中から抽選で100名に、本展示会ロゴの制作者「ゆうたONE」描き下ろしのオリジナルNFT(非代替性トークン)カードをプレゼントします。

○実施期間 : 2022年1月19日(水) 13:00~1月30日(日) 23:59

○応募方法 : 「昭和百年展」のTwitterアカウントをフォローした上で、キャンペーン応募のつぶやきをリツイートしてください。当選者にはDMにてNFTカード配布専用URLをお送りいたします。

※今回配布するNFTはプライベートチェーンで発行します。後日パブリックチェーン上(Ethereum、Polygonなど)のNFTとして書き出せる機能の追加を予定しています。

「昭和百年展」オリジナルNFTカード

■今後の展開

コンテンツ文化とクリエイティブ業界の発展を目的としたDNPクリエイター共創サービス「FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)」*6とリアルとバーチャルの双方で新しい体験価値を創出する「XR(Extended Reality)コミュニケーション事業」*7を掛け合わせ、「昭和百年展」にご参画いただいたアーティストとともに、さらにアップデートした企画展の開催を目指して、企業・施設との連携を深め、多様な企画を実施していきます。また、「昭和百年展」第2弾として、バーチャル秋葉原*8での開催が決定しました。(2022年4月頃を予定)これに先駆け、本展示会では来場者限定で「昭和百年展 in バーチャル秋葉原」を体験できるコーナーを用意します*9

*8:ケイゴイノウエによる「バーチャル秋葉原」のイメージ
*6:FUN'S PROJECT(ファンズプロジェクト)について → https://funs-project.com/
*7:DNPのXRコミュニケーション事業 → https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/10159318_1567.html
*8:バーチャル秋葉原について → https://www.dnp.co.jp/news/detail/10161937_1587.html
*9:バーチャル秋葉原体験会は、合同会社DMM.com「Connect Chat」上で行います。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索