米国Allegis Capital社が設立するファンドへ参加

革新的なスタートアップとの連携を通じて新事業創出を促進

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、米国シリコンバレーを本拠地とするベンチャーキャピタルのAllegis Capital社(以下: Allegis社)が設立する投資ファンドを通じて、革新的なスタートアップとともに価値創造を促進します。 DNPは、持続可能なより良い社会の実現に向けて、独自の「P&I」(Printing & Information:印刷と情報)の強みを掛け合わせるとともに、国内外のパートナーとの連携強化に取り組んでいます。今回の投資ファンドへの参加を通じて、米国の革新的なスタートアップとの連携を深めることで、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える価値の創出を加速させていきます。特に、情報通信技術(ICT)で金融サービスの価値を高めるフィンテック関連、データ分析やサイバーセキュリティなどのICT関連、地球環境への負荷を低減する製品・サービス、各種高機能素材などの領域で、スタートアップ各社との新規事業の創出を促進していきます。

【投資ファンドの概要】

Allegis社は、1996年設立で20年以上の実績をもち、グループ総運用資産2000億円のTopVCに位置づけられる有力ベンチャーキャピタルです。サイバーセキュリティやデータサイエンス分野など幅広い技術を対象に、10以上のファンドを設立した実績を持っています。今回DNPが参加するファンドは、今年に新設されるもので、以下の幅広い領域のスタートアップ企業を対象としています。

主な投資領域 : フィンテック/情報セキュリティ/ICT/環境/素材などを事業領域とする米国企業 を中心として投資

※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索