5G帯域の電波を選択的に吸収する薄型・軽量のシートを開発

6月29日~7月1日に開催する「第5回 5G通信技術展」に出展

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、第5世代移動通信システム(5G)の周波数帯であるミリ波帯(28GHz帯)やSub6帯(3.7GHz帯、4.5GHz帯)で、特定の周波数の電波のみを選択的に吸収し、漏洩や干渉を防止する薄型・軽量の「電波吸収シート」を開発しました。本製品は、DNP独自のEB(電子線:Electron Beam)コーティング技術の活用により屋外利用も可能な高い耐候性を有しています。また、環境・景観等に合わせて意匠を施すことも可能です。

なおDNPは、2022年6月29日(水)~7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第5回 5G通信技術展」のDNPブース(会場内6-14の位置)にて、本製品を紹介します。

木目調の建具用シートを貼り合わせた電波吸収シート (上)ミリ波帯用、(下)Sub6帯用

【DNP独自の「電波吸収シート」開発の概要】

5Gの普及によって超高速・超低遅延・多数同時接続の通信が期待されるなか、電波同士の干渉や、通信エリアからの電波の漏洩を抑えるため特定の周波数の電波のみを選択的に吸収したいというニーズが高まっています。こうした電波の干渉や漏洩の防止に用いられる電波吸収シートは重量やサイズ等の制約により設置箇所が限られてしまうという課題がありました。また周囲の景観に調和可能な意匠性に関するニーズも高まっていました。

これらの課題解決に向けてDNPは5G周波数帯であるミリ波帯とSub6帯で、特定の周波数の電波のみを選択的に吸収する「電波吸収シート」を開発しました。材料や設計の工夫により、従来品と比べて大幅な薄型化・軽量化を達成するとともに、DNP独自のEBコーティング技術を活用することによって、屋外でも利用可能な耐候性や耐傷性を達成しました。意匠を施すことにより、特に屋内で求められる高い環境調和性を有しています。

【DNPが開発した「電波吸収シート」の特長】

DNPが長年培ってきた微細加工技術を応用・発展させて、「電波吸収シート」の設計から加工までトータルで対応可能です。この製品の主な特長は次の通りです。

1.5G周波数帯の電波を選択的に吸収

5Gの帯域であるミリ波帯とSub6帯において、特定の周波数の電波に対して、-15dB以下の吸収量を有する製品です。顧客企業や自治体等の要望や用途に応じて、吸収する電波の周波数帯を調整した製品を開発・提供することができます。

2.薄型・軽量

従来のシートと比較して、非常に薄く、軽量な製品です。ミリ波帯対応シートは、厚さ0.3mm、重さ0.5kg/m2、Sub6帯対応シートは、厚さ1.6mm、重さ3kg/m2です。薄型で軽量であるため、多様な場所に簡便に施工・設置することができます。

3.環境調和性 

木目調をはじめ、さまざまな意匠が施されたDNP製の建具用シート等と併用することで、空間デザインを損なうことなく設置できます。

建具用シートとの併用イメージ

【「5G通信技術展」の開催概要】

〇期間:2022年6月29日(水)~7月1日(金)

〇時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

〇場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)

〇DNPブースの小間番号:6-14

〇WebサイトURL https://www.dnp.co.jp/biz/eventseminar/event/10162592_1594.html

【今後の展開】

DNPは、「電波吸収シート」の実証実験を進め、2023年までに製品化を目指します。

また、「フィルム型アンテナ」や「リフレクトアレイ」等の5G向け電波制御部材、DNPが保有する建装材との組合せにより、景観を損なわず最適な5G通信用の電波環境を構築できるソリューションを提供していきます。さらに、5Gの普及を見据え、リアルとバーチャルの両方の空間で生活者に体験価値を提供する「XR(Extended Reality)コミュニケーション事業」や、4K・8Kの高精細な映像の配信、安全な自動運転や遠隔医療等の事業にも、引き続き取り組んでいきます。


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索