印刷業界で唯一、GPIFが採用する5つの指標すべてに選定

世界的に権威がある「FTSE4Good Global Index」の構成銘柄にも22年連続で選定

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、「ESG投資」の運用に関して採用している5つの構成銘柄のすべてに選定されました。

今回選定されたのは「FTSE Blossom Japan Index」「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」「MSCI ジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の5つです。これらは、GPIFが、環境・社会・ガバナンス(ESG:Environment・Social・Governance)に関する優れた取り組みを行っている企業に投資する「ESG投資」で採用している指標です。このうち、「FTSE Blossom Japan Index」には6年連続で選定されました。

この5つの指標すべてに選定されているのは、DNPが印刷業界で唯一となります。

またDNPは、世界的に権威のある社会的責任投資(SRI:Socially Responsible Investment)の指標である「FTSE4Good Global Index」に22年連続で選定されました。


現在DNPが構成銘柄として選定されている上記以外の主なESG投資の指標は次の通りです。

  • 「MSCI ESG Leaders indexes」(アメリカ)
  • 「なでしこ」(日本:経済産業省、東京証券取引所)
  • 「SOMPOサステナビリティ・インデックス」(日本) 等


DNPは、持続可能なより良い社会、より快適な暮らしの実現に向けて、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値の提供に取り組んでいます。その実現に向けて、適切な企業統治(コーポレート・ガバナンス)を徹底し、環境や社会に貢献する事業を展開している企業として、国内外から高い評価を受けています。

今後もDNPは継続して、長期を見据え、持続可能なより良い社会に“欠かせない価値”を創出し続ける企業として成長していきます。


※DNPのESG投資の指標(インデックス)への組み入れ状況はこちら→https://www.dnp.co.jp/sustainability/evaluation/index.html
※DNPのサステナビリティの取り組みはこちら → https://www.dnp.co.jp/sustainability/
※記載されている会社名・ロゴは、各社の商標または登録商標です。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索