NFC通信機能を機器に追加する組み込み部品『NFC PLUG®』を発売

組み込みスペースが限られた小型機器にも適した25×11mmサイズ

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、機器にNFC*通信機能を搭載するための組み込み用電子部品『NFCPLUG®(NFCプラグ)』を3月下旬に発売します。ヘルスケア製品や家電製品などの電子機器にNFCPLUGを組み込むことで、スマートフォン(以下:スマホ)をかざすだけでデータ通信が行える“スマホ連携”を実現します。

*NFC(Near Field Communication): 近距離無線通信技術の国際規格

【開発の背景】

NFC対応スマホの普及にともない、ヘルスケア機器やデジタルカメラなどにスマホをかざすだけで、データをやり取りする“スマホ連携”が可能な機器が増えてきました。今後も、家電にスマホをかざして好みの設定に自動で切り替えることや、ヘルスケア製品に蓄積したデータをスマホで管理して医療に活用するなどの“スマホ連携”の新たな応用が期待されます。その中で、DNPは、2013年より40×30mmサイズのNFCPLUGを販売し、デジタルサイネージからスマホへの情報配信や産業機器とタブレット端末を連携させた機器メンテナンスで活用されています。今回、既存の機器のサイズを変更せずにNFC通信機能を簡単に搭載したいという機器メーカーのニーズに対し、小型のNFCPLUGを開発しました。

【NFC PLUGの概要】

NFC PLUGは、NFC通信機能がない機器に同機能を容易に組み込むため、機器との接続用端子と無線通信用アンテナを備えた電子部品です。スマホを機器にかざしてデータ転送する機能に絞り、自らは電波を出さないパッシブ方式を採用したことで、部品の小型化と低価格化を実現しました。無線通信時にスマホが発する磁界から電力を得るため、組み込み機器の電源が切れても通信できます。機器接続用インターフェースとしてI2C(Inter-IntegratedCircuit)に対応し、サイズは25×11mmと小型のため、機器内部の限られたスペースへの組み込みが可能です。

■主な仕様

外形寸法(mm)

25(横)×11(縦)

無線インターフェース

ISO/IEC14443 TypeBおよびFeliCa®(JIS X 6319-4)

有線インターフェース

I2C

その他

・432Byteの不揮発性メモリーを搭載

・評価用アプリを提供します

【今後の展開】

DNPは、ヘルスケア機器をはじめとする生活家電、レジャー機器やアミューズメント機器、産業機器など、多様な電子機器へのNFCPLUGの導入を推進します。また、リーダーライター機能を追加できるNFCモジュールなどのラインアップも拡充し、NFC対応を進める機器メーカーを幅広く支援していきます。

DNPは、NFC関連機器により、2015年度までの2年間累計で20億円の売上を見込んでいます。

 

* FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカード技術方式です。
* FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
* NFC PLUGは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。