大日本印刷 DNPメディアクリエイト タブレットやスマートフォンへ営業支援用コンテンツを配信するクラウドサービス『TapStyle Cloud』をバージョンアップ

セキュリティや最新版管理機能などを強化し、店頭の接客や客先での商談を支援

大日本印刷株式会社(以下:DNP)と、その100%子会社で商業印刷物やイベントの企画・制作を手がける株式会社DNPメディアクリエイト(以下:DMC)は、タブレットやスマートフォン、パソコンに営業支援用コンテンツを配信するクラウドサービス『TapStyle®Cloud(タップスタイルクラウド)』をバージョンアップし、11月10日にサービスを開始します。

このサービスは、店舗での接客や客先での商談などに使うタブレットなどにカタログや提案書、アンケートなどのコンテンツを配信してセールス効果の向上につなげるもので、今回、セキュリティ・運用管理・ログ機能の強化、電子POP・情報共有・多言語対応の機能追加など、大幅なバージョンアップを図り、金融・流通・小売・製造業を中心にサービスを提供します。

【バージョンアップの背景】

DNPとDMCは、対面販売に特化したタブレット用アプリケーション『TapStyle®』の提供を2012年に開始しました。2013年には、DNPとDMCが電子カタログ配信システムとして提供している『ミカタ®』のコンテンツ管理・配信機能を統合し、営業支援用コンテンツを包括的に管理・配信するサービスとして発展させるとともに、クラウド対応を図り、導入・運用コストを低減したTapStyleCloudの提供を開始しました。TapStyle Cloudを利用すると、電子カタログや提案書などの基本コンテンツに加え、チャートやアンケート・シミュレーションなどのリッチコンテンツの利用が効率的に行えるほか、ログ機能により接客・商談の流れを可視化して改善につなげることも可能です。こうした機能に加えて、DMCの訴求力の高いコンテンツの制作支援体制なども評価され、これまでに80件以上の導入実績があります。

今回DNPとDMCは、導入企業などから寄せられた声をもとに、特に金融機関やメーカーから要望の多いセキュリティと運用管理機能の強化を図りました。また、主に流通・小売企業からのニーズにもとづいて、多言語対応、電子POP機能を追加したほか、ログ機能を強化しました。

【バージョンアップについて】

今回、機能を強化した内容は以下の通りです。

●セキュリティ対策

アクセス端末の制限・コンテンツの暗号化・ユーザーの権限分離・ユーザー毎のコンテンツ閲覧制限により安心・安全を確保します。また、高度なセキュリティを備えたDNPの最新のデータセンターを利用します。

●コンテンツ最新版管理

コンテンツの配信や更新、および、端末にダウンロード済みのコンテンツの削除を自動で行うなど、常に端末上のコンテンツを最新版に維持する機能により、運用管理業務の負荷を軽減します。

●詳細なログによる利用状況の分析

従来ログ集計が可能だったコンテンツのダウンロード数や閲覧数に加えて、ボタン操作や画面遷移などの詳細なログを取得し、利用状況をグラフなどで可視化します。商談結果(契約・保留・失注など)とログを照合・分析し、契約率を高めるための商談フローの改善に活用できます。

また、以下の機能を追加しました。

●電子POP機能

店舗の売り場などで、生活者自身に操作してもらい、複雑な商品選定や機能説明を支援する端末として利用できます。

●情報共有

店舗や客先で、タブレットなどで撮影した写真や動画などをアップロードし情報共有できます。例えば、施工や店頭陳列が完了した様子、機器の操作方法などをいち早く情報共有することが可能です。

●多言語対応

訪日外国人の接客や海外での利用を支援するため、各国語に対応したコンテンツを開発します。また、アプリケーションソフトウェアの表示言語は日本語、英語から選択できます。

製品紹介サイトはこちら → http://www.dnp.co.jp/infosol/solution/detail/10104275_18793.html

【利用場面】

1.  商談支援

店舗や客先、展示会、ショールームでの商談ツール(カタログ、パンフレットなど)やプレゼンテーションツール(提案書、デモ動画など)として活用し、円滑な営業活動を支援します。

2.  接客支援

商品情報のほか、接客ノウハウなどをコンテンツとして配信することで、店頭の販売員の接客スキル向上などにつなげることができます。また、ログから接客状況を分析し、スキル向上の進捗を可視化・分析し、販売体制の強化や販売戦略の立案に活用できます。

3.  電子POP/デジタルサイネージ(電子看板)での利用

販売員を個別に配置できない店頭などに、インタラクティブな(対話型)操作が行える電子POPやデジタルサイネージとしてタブレットを設置し、コンテンツを配信することで、接客と同様の効果が期待できます。また、生活者の利用状況を分析して、マーケティング情報として活用できます。

4.  加盟店・法人会員とのコンテンツ共有

加盟店や企業グループなど、複数の法人等の間で資料や画像・動画を商談や接客支援のコンテンツとして共有することで、相乗効果につなげていきます。

【価格および今後の展開】

価格(税別)は、初期費3万円、月額利用費3万円~。

DNPとDMCは、金融・流通・小売・メーカーを中心に本サービスを販売するとともに、動画や音声での商品紹介や、生活者のニーズを引き出すための工夫をこらしたコンテンツなどの企画・制作についても支援し、2016年度までの3年間累計で8億円の売上を目指します。

 

大日本印刷株式会社       本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
株式会社DNPメディアクリエイト    本社:東京 社長:浅羽信行 資本金:1億円
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。