社員証や会員証などの顔写真付きIDカードの登録・更新作業を効率化

セルフ型の証明写真ボックスで撮影した画像データを利用するシステムを開発

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、写真関連製品を販売する株式会社DNPフォトルシオのセルフ型証明写真ボックス『Ki-Re-i』で撮影した顔写真データを、インターネットでサーバーに送信して、顔写真付きIDカードの登録・更新作業に活用する効率的なシステムを開発しました。

今回DNPは、本年10月に予定している社員証更新に向け、当システムを搭載したDNP専用のKi-Re-iを6つの事業所*に設置し、そこに勤務する約4,300人の顔写真の撮影および登録・更新作業を行いました。

*都内4拠点(新宿区市谷、新宿区榎町、中野区、日野市)、茨城県つくば市、千葉県柏市

【開発の背景】

会員証や受検票などのIDカード発行の際、本人確認用に顔写真の送付が求められ、証明写真ボックスで撮影した写真プリントを提出することが一般的となっています。IDカードの発行事業者は、カードに顔写真を印刷するため、提出された写真プリントをスキャニングし、デジタルデータとして加工・保管し、規格に合わせたトリミングなどの作業を行う必要があります。

企業や団体が顔写真付きの社員証を作成する場合、デジタルカメラで社員一人ひとりの顔写真を撮影し、その画像データを加工・保管する必要があります。しかし、社員数が多く、各地に拠点が分散している企業では、撮影場所やスタッフを長期間確保し、社員自身にも時間的制約を課して複数拠点で撮影する必要があり、顔写真の撮影とそのデータの扱いがIDカード発行の課題となっていました。

この課題に対してDNPは、全国に設置されている既設のKi-Re-iや、企業向けにレンタルで提供している証明写真ボックスなどに通信機能を搭載し、撮影した顔写真データをサーバーに送信して、容易に登録・更新できるシステムを開発しました。

【システムの概要と特長】

当システムは、通信装置のほか、ICチップ認証機能とQRコード読み取り機能を証明写真ボックスに搭載しています。DNPグループの社員証の場合、現在使用中のICチップ搭載の社員証を専用リーダーにかざして本人認証し、撮影した顔写真データと社員の関連付けを行い、登録・更新用の顔写真データに加工して、サーバーへ登録しました。

登録・更新の作業負荷を大幅に軽減

ICチップやQRコードを使って本人認証した後に撮影を行うため、証明写真ボックスから送信された顔写真データと本人の属性データが関連付けされ、IDカードの印刷に必要な顔写真データの登録・更新が容易となり、申請者と受付者の双方の負担を軽減します。発行するIDカードの規格に合わせて、画素数の調整やトリミング、ファイル名の付加などを自動的に行ってデータを送信するため、管理者は容易に登録・更新が行えます。

社員や会員の都合に合わせたスピーディーな撮影が可能

撮影対象の人数や事業所の場所などに起因する制約を低減するために、全国の商業施設や駅周辺に設置され、セルフでの撮影が可能なKi-Re-iや、企業向けのレンタル用の機器を活用することで、短期間で撮影することができます。

高品質な仕上がり

優れた証明写真撮影技術と最適なライティングにより、均一で高い品質の顔写真が撮影できます。また、複数回の撮り直しが可能なため、満足のいく表情を得ることができます。

確認用の写真プリントを出力

顔写真データをサーバーが受信すると、証明写真ボックスは確認用の写真プリントを出力します。サーバーへのデータ送信が、万が一不良となった時には、写真プリントが出力されず、再撮影のメッセージが表示されます。また、目に髪がかかるなどの場合は、確認用の写真プリントを企業の管理者に提示してIDカード用の顔写真として適性かどうかの判断を仰ぐこともできます。

【今後の展開】

DNPは、2014年秋頃に本システムの本格運用を開始します。また、企業や団体などが導入しやすいよう、各種IDカードの顔写真の撮影・登録・更新機能に絞った専用機器の開発も進め、Ki-Re-iと合わせて、2016年度までに2,000台の証明写真ボックスに当システムを搭載していく計画です。

社員証や会員証、学生証や公的なIDカード、受検票などを取り扱う企業や団体に本システムを活用したサービスを提供し、2017年度までに200万人の利用を目指します。

 
大日本印刷株式会社   本社:東京   社長:北島義俊   資本金:1,144億円
株式会社DNPフォトルシオ   本社:東京   社長:毛利洋一  資本金:1億円(DNP100%子会社)

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。