複数部門がクラウド上で紙メディアとデジタルメディアのコンテンツを制作できる多メディア制作支援システム『PROMAX NEO』を発売

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、複数部門がクラウド上で紙メディアおよびデジタルメディア向けのコンテンツを共同で制作できる多メディア制作支援システム『PROMAXNEO(プロマックス ネオ)』を9月3日に発売します。

【開発の背景】

近年、生活者と企業のコミュニケーションメディアの多様化が進み、チラシやカタログなどの紙メディアから、パソコンやスマートフォン、タブレット端末、デジタルサイネージ(電子看板)などのデジタルメディアへと拡がっています。企業は、これらの多様な情報メディアに対応し、ブランドマネジメントやコンプライアンス管理などの全社統一ルールに則った上で、部門や拠点ごとの特性や意向を反映した情報も発信したいというニーズを持っています。しかし、多メディア対応のため、各部門での制作業務が増え、それに伴い本社部門による承認手続きが多くなってしまうなど、煩雑な業務が課題になっていました。

DNPは、サーバーでコンテンツを一元管理し、各部門がウェブ経由でアクセスして印刷物の制作と承認手続きを行うPROMAXシリーズを提供してきました。今回、紙メディアだけでなくデジタルメディア向けコンテンツの制作に対応したPROMAXNEOを開発し、企業の業務効率化とクロスメディアコミュニケーションの支援を強化します。

【PROMAX NEO の概要】

PROMAX NEOは、従来からのチラシやカタログなどの紙メディアに加えて、パソコン、スマートフォンやタブレット端末向けの電子カタログ、デジタルサイネージ向けコンテンツなど、デジタルメディアに対応したコンテンツの制作をウェブ上で行うことができるシステムです。社内の複数部門が同時にデータを更新した場合でも、最新データを常に把握して制作進行することが可能です。また、承認機能を利用することで、部門や拠点で制作したコンテンツを、管理者や本社部門が確実にチェックでき、未承認のデータが配信されないように管理できます。承認されたコンテンツは、デジタル機器に配信できるほか、印刷物の入稿用データとしても使用できます。クラウド型サービスのため、初期導入のリードタイムの短縮や、業務の繁閑に応じてシステム規模の拡張や縮小を容易に変更できるなど、低コストでの運用が可能です。

【価格(税抜き)】

初期費用 : 800万円~

月額費用 :  60万円~

※テンプレート・素材登録費用、カスタマイズ費用は別途必要です。

【今後の取り組み】

DNPは、全国展開する保険・金融・不動産・流通などの業界を中心に、本システムの導入を進めます。また、制作管理やデジタルメディアへの配信、印刷物の制作・管理など、企業の各種業務を代行するBPOサービスも提供し、企業の業務負荷の低減を総合的に支援していきます。

DNPは、2015年度までに、関連制作物を含め累計で20億円の売上を見込みます。

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。