DNPエス・ピー・テック 10秒で簡単に組み立てられるPOP『PaPaTPoP』に店頭の隙間を活用できる3種を追加

冷蔵ショーケース周りや陳列棚の端など、店舗スペースを有効活用

大日本印刷株式会社(以下:DNP)のグループ会社で、店頭の販促ツール製作などを行う株式会社DNPエス・ピー・テックは、だれでも簡単に10秒程度で組み立てられるPOP『PaPaTPoPR(ぱぱっとポップ)』シリーズの新製品として、店頭の隙間をより有効に活用できる「チルド前タイプ」「エンド横タイプ」「コーナータイプ」の3種の販売台を2015年2月12日に発売します。

【新製品について】

DNPエス・ピー・テックが2011年12月から販売しているPaPaTPoPは、店頭の限られたスペースでも簡単に組み立てられるほか、容易に移動や保管ができ、外装箱が一体となっているため、組み立て後の廃棄物が出ないなどの特長が評価され、2014年10月までに累計約3.5万台の出荷実績があります。

今回、食品スーパーや量販店などの店頭で、チルド食品用ショーケースの周囲や陳列棚の端など、十分に活用されていない隙間にも設置できる3タイプを開発しました。

● チルド前タイプ

チルド食品などを陳列する、高さの低い冷蔵ショーケースの周囲に設置できる販売台です。3kgまでの商品を陳列できます。

● エンド横タイプ

陳列棚の両端(エンド)に設置できる、幅が狭い販売台です。5kgまでの商品を陳列できます。

● コーナータイプ

陳列棚と他の陳列棚で構成された角などに設置できる、三角形の販売台です。5kgまでの商品を陳列できます。

 

チルド前タイプ

エンド横タイプ

コーナータイプ

サイズ(幅×高さ×奥行き・mm)

 W485×H755×D300

W500×H1100×D185

W500×H950×D280

価格

(税抜き・円)

(1台あたり)

100台

15,500

14,500

15,000

 500台

3,800

3,300

3,800

1,000台

2,500

2,200

2,600

【今後の展開】

DNPとDNPエス・ピー・テックは、食品スーパーや量販店などに、今回開発したPaPaTPoPを販売し、店頭の隙間を活用した売場の活性化を支援していきます。

DNPエス・ピー・テックは、PaPaTPoPを含むオリジナルPOP製品により、2016年度までの3年間累計で3億円の売上を見込んでいます。

 
大日本印刷株式会社      本社:東京  社長:北島義俊  資本金:1,144億円
株式会社DNPエス・ピー・テック     本社:東京  社長:植田邦弘  資本金:8,000万円
 
*『PaPaTPoP(ぱぱっとポップ)』は大日本印刷株式会社の登録商標です。
※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。