「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~ with 青山スポーツフェス」を共催

東京2020競技体験 プロジェクト第2弾イベントとして10月21日に開催

2018年10月9日

【東京2020大会の競技体験の場を提供】

東京2020オフィシャルパートナー(印刷サービス)である大日本印刷株式会社(DNP)は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~ with 青山スポーツフェス」を、朝日新聞社とともに共催します。
昨年度に続き2回目となる青山スポーツフェスは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技の一部などを楽しみながら体験できるイベントで、子どもから大人まで、どなたでも無料で参加できます。今年は、東京2020大会の全55競技を2020年までに体験できる場を提供していく東京2020競技体験プロジェクト「東京2020 Let’s 55 ~レッツゴーゴー~」の第2弾として、2018年10月21日(日)に、新国立競技場近くの青山エリア(国際連合大学)にて実施します。

【実施概要】

○日時 : 2018年10月21日(日)10:00~17:00(競技体験最終受付 : 16:30)
○場所 : 国際連合 大学中庭およびアネックスホール(東京都渋谷区神宮前5丁目53−70)
○主催 : 公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
○共催 : 青山スポーツフェス2018実行委員会(朝日新聞社、大日本印刷)
○後援 : 東京都、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、港区、渋谷区、港区教育委員会、渋谷区教育委員会
○協力 :株式会社明治、日本郵政株式会社、株式会社リクルート、関係競技団体
○イベント内容 :14競技の体験ステージ、ブース など ※変更となる場合があります。
体験可能な競技: 陸上競技、野球、バスケットボール、ボクシング、自転車競技(BMXフリースタイル)、フェンシング、体操(トランポリン)、ホッケー、ラグビー、トライアスロン、パラ陸上競技、パラトライアスロン、車いすバスケットボール、車いすフェンシング
※それぞれの競技アスリートによるパフォーマンスや競技体験をお楽しみいただけます。また当日はMCとして荻原次晴さんや東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」も登場します。

2017年度「青山スポーツフェス」のようす

【今後の展開】

DNPは今後もスポーツイベントの開催を通じて、東京2020大会に向けた機運の醸成やスポーツを通じたコミュニケーションの推進、地域活性化などに取り組んでいきます。また、「青山スポーツフェス」も継続して開催していく予定です。



※記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。