DNPアイディーシステムのイベント支援ソリューションがライブやフェス等のグッズ販売に採用

第6回 ライブ・エンターテイメントEXPO2019に出展

大日本印刷株式会社(DNP)のグループ会社、DNPアイディーシステムは、ICタグ(RFID)を活用して、音楽やスポーツ等の各種イベントにおける、来場者のグッズ購入の待ち時間を短縮するイベント支援ソリューションを提供しています。今回このシステムが、音楽イベント等を手掛ける株式会社テイパーズのグッズ販売システムに採用されました。


なお、このシステムを、2019年2月27日(水)〜3月1日(金)に千葉県幕張メッセで開催される「第6回 ライブ・エンターテイメントEXPO」のテイパーズブースで展示します。

【イベント支援ソリューションとは】

当システムは、各種イベントの運営において、会場でのグッズ購入の待ち時間の短縮や、グッズの在庫や会場内備品の管理などの課題を、RFID を活用して解決するソリューションです。導入企業の課題に合わせて、適切な種類のRFID とデータ書き込み用のプリンター、データ読み取り用のリーダーなどを組み合わせて提案し、さまざまな課題の解決を支援します。


【テイパーズのグッズ販売システムでの採用事例について】

イベントにおける従来のグッズ販売システムでは、個々の商品に貼付されたラベルに印字されたバーコードを会計時に一つひとつ読み取る必要があり、顧客を長時間待たせるとともに、イベントの短い休憩時間内で販売できる人数に限りがあるなどの課題がありました。

こうした課題の解決に向けて、DNPアイディーシステムは今回、テイパーズのグッズ販売システムに、RFID と、タグ内の商品情報を読み取る専用リーダーを提供しました。このリーダーはRFID の向きを問わず、一度に情報を読み取ることができるボックス型となっており、RFID がついた商品をまとめてリーダーに通すだけで合計金額が算出できます。これによし、従来よりも来場者を待たせることなく多くの来場者にグッズを販売できるようになりました。

グッズ販売システムのイメージ


DNPアイディーシステムが提供するイベント支援ソリューションの詳細ページはこちら→

URL:https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190581_1567.html


【今後の取組み】

DNPアイディーシステムは、今後もイベント支援ソリューションの提供を通じ、各種イベントでの業務効率化を支援していきます。


■DNPアイディーシステムについて

1983年設立。DNPの100%子会社で、IDカードの機器や材料の販売や、本人確認を中心とするIDソリューション事業などを展開しています。