「リテールテックJAPAN 2019」と「JAPAN SHOP 2019」に出展します!

2019年3月5日(火)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年3月5日(火)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催される第35回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2019」と、第48回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2019」に出展します。両展示会を通じて、流通・小売業界や空間デザイン・店舗設計向けの多種多様な製品・ソリューションを紹介し、社会課題の解決と人々の期待に応える価値の提供につなげていきます。


【「リテールテック2019」のDNPブースのコンセプトと内容】

リテール(小売り関連)業界で、ICTを活かした変革である「デジタルトランスフォーメーション」が進展するなか、ヒト・モノ・決済(カネ)に関わる膨大な情報がデジタルデータ化されています。こうしたデータを連動させて利活用することで、効果的な販促、作業の省人化、キャッシュレス対応などの課題を解決していくことが可能です。

DNPは、企業のマーケティング活動の見直し、店舗オペレーションの改善など、効果的な販売促進や先進的な購買体験、抜本的な業務改革の実現につながる多彩なソリューションを提供しています。今回は、これらのソリューションを展示するほか、AI(人工知能)等により店頭でインタラクティブに高品質な接客を可能にする販売什器やコミュニケーションツールなどで、新たな購入体験を実感できる「体験コーナー」を設けます。

〇展示テーマ①デジタルマーケティング : 顧客一人ひとりに適切な情報を、適切なタイミングで届けるため、最小限のリソースを使って、各種データから最適なマーケティング施策を設計し、運用していく手法やツールを中心に紹介します。

〇展示テーマ②キャッシュレス : インバウンド(海外からの観光客)対応も含め、急速に進展しているキャッシュレス社会への対応策として、設備投資や運用のコストを抑えながら、利便性と安全性を向上させる仕組みなどを紹介します。

〇展示テーマ③棚・商品管理 : 店舗の運用を少人数でも円滑に効率よく行っていくためのロボットやセンサー、商品情報データベースと連携したシステムなどを紹介します。

〇体験コーナー : DNPの保有技術と、パートナー企業等の技術やデバイスを組み合わせることによって、流通・小売企業と生活者の間にコミュニケーションを生み出すインタラクティブな什器やシステムをご紹介します。

〇ミニセミナー : DNPの製品・サービスの導入企業等からもゲスト講師を招いて、対談形式のミニセミナーを行います。

【「JAPANSHOP 2019」のDNPブースのコンセプトと内容】

少子高齢化やデジタル技術の浸透などによって、社会構造が変化し、生活者のライフスタイルが多様化するなか、“空間”に求められる価値も大きく変わろうとしています。空間の最表層を彩る建装材の提供などを通じて、人々にとって心地よく、機能的な空間の価値を創出してきたDNPは、意匠や素材の選択の自由度に加え、ICTと空間の一体化による新たな機能や価値を追求し、多様化する人々の価値観に対応した、自由度の高い空間づくりに取り組んでいます。

今回の出展では、店舗やホテル、オフィスなどの空間をブース内に構成し、実際の利用シーンを想起させる展示空間で、デモを交えながら最新の製品やサービス、ソリューションを紹介します。

〇景観を彩る : 「DNP内・外装アルミパネル アートテック®」など、街の景観を彩る高意匠・高機能な外装材を、実際にDNPブースを構成する素材としてご紹介します。

〇室内空間の価値を拡張する : 環境負荷の軽減につながる新素材、省人化や施工負荷の軽減を可能にする簡易施工システム、空間の表情を豊かにする装飾材など、室内空間の価値を高める製品やソリューリョンを紹介します。

〇知とアートによる場づくり : これからの店舗や公共空間に求められる“コト体験”を支援するサービスメニューを展示します。

〇次世代ステルス空間 : デジタル技術のもたらす利便性と、部材や機能等のつなぎ目が見えないシームレスで自由な空間デザインの両立を目指したコンセプト空間です。今回の展示では、ステージでのデモを交えた最新の取り組みをご体感いただけます。


※DNPブースでの最新情報は下記、DNPウェブサイトをご覧ください。
*「リテールテックJAPAN 2019」 URL → https://www.dnp.co.jp/seminar/rt/
*「JAPAN SHOP 2019」 URL → https://www.dnp.co.jp/seminar/js/