10/24・25「金融国際情報技術展 FIT2019」に出展

「本人認証」を核とした金融サービスの最新のソリューション等を紹介

2019年10月17日

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年10月24日(木)、25日(金)に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催される日本最大級の金融IT関連のイベント「金融国際情報技術展 FIT2019」に出展し、「一人ひとりにサービスを。~本人認証からはじまるパーソナライズドマーケティング~」をコンセプトに、金融機関向けの最新ソリューションの展示を行うとともに、社内外の講師によるセミナーを開催します。

【主な展示内容】

金融関連では今、生活者一人ひとりに向けて、より的確かつ安全に各種サービスやマーケティング施策を展開していくため、本人認証の重要性が高まっています。DNPは、この本人認証がオンラインだけで完結する「eKYC(electronic Know Your Customer)」の関連サービスを起点として、「デジタルマーケティング」「キャッシュレス」「業務効率化・ペーパーレス化・次世代店舗」の切り口で、多彩なソリューションを提供し、金融サービスのパーソナライズ化を実現していきます。

今回、DNPブースでこれらの取り組みを紹介します。

FIT2019(東京)DNPブースイメージ

〇eKYC(electronic Know Your Customer)

一層の厳格化が求められる本人確認の手段に対し、オンラインだけで本人認証が完結する「eKYC」を中心に、最先端技術を活用したソリューションを紹介します。

〇デジタルマーケティング

企業がデジタルマーケティングを導入・運用する際に、データの整備・強化・活用をトータルでサポートするDNPのソリューションを紹介します。

〇キャッシュレス

複数のアプリを一括管理する「モバイルウォレット」や複数の決済手段に対応した「マルチペイメントサービス」など、キャッシュレス関連のDNPのソリューションを紹介します。

〇業務効率化・ペーパーレス化・次世代店舗

金融機関等の業務負担の軽減や、新しい店舗のカタチを実現するソリューションを紹介します。

【セミナー】

〇会場 : 東京国際フォーラム E3会場

〇スケジュール 

・13:30~14:30 「FATF審査も踏まえたAML・リスク管理態勢についてのチェックポイント」

                     森・濱田松本法律事務所 堀天子氏

・14:55~15:25 「APIを活用したオールインワンアプリにおけるDNPとの新たな取り組み

                     株式会社紀陽銀行 調査役 上野祐嗣氏

・15:50~16:30 「キャッシュレス決済の最新動向とDNPの取り組み」

                     大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部

※セミナーは事前予約制です。FIT2019公式サイトのセミナー申込ページからお申込みください。
https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/seminar.html
(FIT2019公式サイトのトップページはこちら →https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/
※記載の内容は変更となる可能性があります。最新情報はDNPのWebサイトでご確認ください。
https://www.dnp.co.jp/biz/eventseminar/event/1192610_1594.html