2023年10月19日

大日本印刷とセキュアワークス 日本企業が侵害されやすいサイバー攻撃の対策を学ぶ演習を共同で開発

体系化したガイドに準拠し、最新のサイバー攻撃の「検知・対応・復旧」を強化

大日本印刷株式会社(DNP)は、サイバーセキュリティソリューションを提供するSecureworks, Inc.(米国、NASDAQ: SCWX)の日本法人・セキュアワークス株式会社と共同で、日本企業が侵害されやすいサイバー攻撃手法をシナリオに採用した体験型実践演習(ハンズオン)の「サイバー攻撃対処コース」を開発しました。

本コースには、仮想環境(サイバーレンジ)を使った体験型実践演習のシナリオに、セキュアワークスが提供する「Red Teamテスト」(実際のサイバー攻撃と同等の攻撃を仕掛けて、企業・組織のセキュリティレベルを評価するサービス)の知見を組み込んでいます。

受講者は演習を通じて、多くの日本企業に有効だったサイバー攻撃手法や最新トレンドを体験するとともに、脅威事象(インシデント)への組織的な対応能力について講義でも習得します。演習と講義の両面で、企業へのサイバー攻撃に対する「検知・対応・復旧」を強化します。

「サイバー攻撃対処コース」について → https://www.dnp.co.jp/cka/course/ir-fundamental-3days.html

 

【開発の背景】

増加し続ける標的型サイバー攻撃に対し、企業は侵入されることを前提として、被害を最小限に抑える対応が求められています。巧妙化・複雑化するサイバー攻撃やインシデントに対応する専門チーム・CSIRT(Computer Security Incident Response Team)は、多くの企業等が被害を受けたサイバー攻撃の手法や侵入された後の対応など、常に最新のトレンドを学び続ける必要があります。

DNPは、2016年からサイバーセキュリティ人材を育成する「サイバーナレッジアカデミー」を運用し、CSIRT等を対象とした体験型実践演習や経営層向け情報セキュリティ講習を実施しています。セキュアワークスは、グローバルで1日約6,100億件のイベント監視(2023年8月1日現在)、年間3,000件以上のインシデント対応とセキュリティテストのノウハウを生かして、企業のセキュリティ対策の有効性評価や改善策を提言するRed Teamテストを提供しています。日本でも2015年に「Red Teamテスト」の提供を開始し、多くの支援実績を重ねています。

今回、こうした両社の強みとサービス提供を通じて培ったノウハウ等を掛け合わせて、「サイバー攻撃対処コース」を開発しました。

【「サイバー攻撃対処コース」の特長】

1.最新で実効性のあるサイバー攻撃手法の演習

インシデント発生時に対応すべきことを理解するには、受講者が実際のサイバー攻撃の流れや最新の攻撃の戦術やテクニックを経験し、それによる影響を実感することが大切です。そのために今回、セキュアワークスの知見を踏まえた演習シナリオを準備し、DNPのサイバーレンジに組み込んで提供します。

受講者は一連の実践と解説を通じて、演習で体験するサイバー攻撃の手法や攻撃者の行動パターンを、アメリカの非営利団体・The MITRE Corporationが体系化したMITRE ATT&CK(Adversarial Tactics, Techniques, and Common Knowledge/マイターアタック)のフレームワークに基づいて理解し、それに対する予防策や対応策を学ぶことができます。

2.国際的に使用されているNISTのフレームワークに準拠した講義

米国立標準技術研究所(NIST)が発行したフレームワーク・NIST SP800-61 rev.2は、組織がセキュリティインシデントの検知・対応・復旧を行うための手順やベストプラクティス(最善の方法)として、国際的に活用されています。今回のコースはNIST SP800-61 rev.2に準拠し、インシデント対応プロセスの全体像と検知・分析・封じ込め・根絶・復旧の詳細について、講義として提供します。サイバー攻撃の手法や影響を理解し、講義で体系的な知識を得ることで、受講者は自社のインシデント対応体制と手順を理解することができます。


【「サイバー攻撃対処コース」の概要】

○コース名 : サイバー攻撃対処コース_講義&実機演習_基礎_3日

○対象者 : IT担当者、セキュリティ担当者など、企業・組織のセキュリティ対策に関わる方

○開講日 : 2024年3月25日(月)~3月27日(水)(10:00~18:00)

○価格(税込) : 66万円/人

○申込先 : サイバーナレッジアカデミー(CKA)のWebサイト(https://www.dnp.co.jp/cka/

*次回以降の開催日や受講者の募集については、CKAのWebサイトで告知します。


【今後の展開】

DNPは、製造業をはじめ、エネルギーやインフラ関連等の企業・団体のIT担当者・CSIRT等に「サイバー攻撃対処コース」を提供していきます。また、DNPとセキュアワークスの両社は、今後も最新のサイバー攻撃のトレンド等に合わせてアップデートした演習を提供していきます。


大日本印刷株式会社 本社:東京 代表取締役社長:北島義斉

セキュアワークス株式会社 本社:東京 代表取締役社長:廣川裕司


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

発表時期
カテゴリ
製品・サービスの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索