スマートシティの実現に向けた
DNPの地域創生・まちづくり

地域が抱える社会課題の解決をめざす
DNPの取組み。

DNPは「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値を創出していきます。まちづくりにおいては、多様な企業・団体とのパートナーシップを強化し、誰もが自分らしくいきいきと暮らす”ありたい姿”を地域とともに実現していきます。

地域DX推進サポートサービス

デジタル田園都市国家構想や都市OS、データ連携基盤などの国策が進む中、DX推進に課題を持つ自治体に対し、DNPはこれまで培った技術やノウハウを活かし、地域の現状や課題に即した共創型のDX導入・運用を支援します。

自治体とDNPの連携図

第2回 スマートシティ推進EXPO 出展社セミナー

日時:2022年6月29日
会場:東京ビッグサイト
テーマ:「DXが創るまちづくりの新たなベクトル~追従するか否か。今、地域が求められる選択~」
登壇者:三重県 多気町長 久保 行央 氏 / 大日本印刷株式会社 モビリティ事業部新事業開発部長 椎名 隆之

動画内容(53分):
00:00~ 地域DX推進サポートサービスのご紹介
23:25~ 三重県多気町のご紹介
34:28~ 多気町長を交えたパネルディスカッション

先端情報技術を駆使した「にぎわい創出」

地域が公認する、安心・安全な仮想空間を構築するXRコミュニケーション事業や地図情報につながるタイムリーな情報発信プラットフォームで、リアルとバーチャルとが連動したにぎわいのある「まちづくり」を支えます。

""

実在の場所をバーチャル化し、リアルとバーチャルがパラレルに連動したイベントを実施。場所のバーチャル化だけでなく、地域や施設が持つ価値や機能を拡張。地域・企業・クリエイターの皆さまと連携し、地域創生につながる新しいまちづくりに取組みます。
事例:東京都渋谷区宮下公園のバーチャル空間での謎解きイベント

""

地域の魅力をより手軽に、リアルタイムに発信し、まちの”今”の魅力を伝えることができる新しいデジタルマップです。お店や観光スポットが普段発信しているSNS投稿をマップ上に表示することで、追加業務なく、おすすめ情報を効果的に展開できます。

移動サービスで地域を「活性化」

住民や観光客、高齢者や若者など、誰にもさまざまな交通が利用しやすい環境をつくり、周遊を促す移動最適化サービスで、ヒト中心の未来の移動社会を支えます。

""

さまざまな交通の結節点において、交通と周遊促進のシステムとを連携した情報発信の拠点となる設備です。屋外サイネージを活用して、利用方法や接近情報の閲覧、利用の申込みをインタラクティブに多言語で提供、シームレスな移動を実現します。

※「モビリティポート」 はDNP大日本印刷の登録商標です。

まなびと知を体験する「場」づくり

丸善CHIホールディングスの知に関わる事業(書店運営、図書館運営、教育機関への空間プロデュースなど)とDNPのアーカイブ技術で、地域社会の「知」の向上と文化資産をつなぐ場を支えます。

""

書店数90 店以上、受託図書館数(公共/ 大学など)800 館以上の「CHI(知)のネットワーク」を基盤に、地域社会に向き合い地域ニーズに適した「まなびの空間」や「知の拠点」づくりをプロデュースします。

画像:敦賀市 知育・啓発施設「ちえなみき」(丸善雄松堂実績)

文化財の新たな鑑賞
DNPコンテンツインタラクティブシステム「みどころ」シリーズ

デジタル化した作品と多様なMLA*の知的情報「みどころ」を組み合わせ、作品に対する興味のきっかけを提供します。
*MLA:美術館・博物館(Museum)、図書館(Library)、文書館(Archives)

©DNP Dai Nippon Printing Co., Ltd. 2022, with the courtesy of the Bibliothèque nationale de France

自治体業務の「最適化」

多様化する自治体業務に対し、ICT・BPOソリューションやセキュリティ対策で、安全・安心かつスピーディーに業務最適化を支えます。

""

※上記はDNPのBPO・業務効率化についての紹介ページへリンクします
マイナンバーカードの申請者に向けた窓口の開設・運用および関連業務を一気通貫でサポートします。

サービスのポイント
1. 全国自治体での豊富な実績
2. 申請補助端末「マイナ・アシスト」を使った、 短時間での申請サポート
3. 利便性の高い会場および集客力の高い広報施策の選定

""

※上記はDNPのBPO・業務効率化についての紹介ページへリンクします
住民が行う各種手続きの受理、書類の形式的審査や入力作業、問合せ対応などをDNPが提供するバックオフィスサービスで一括して集中的に処理することで、自治体職員の負担を軽減し、行政運営の効率化をサポートします。

サービスのポイント
1. 業務設計の専門家が安全・確実・効率的な運用プロセスを構築
2. 申請受付・処理、コールセンター、通知発送までをワンストップで対応
3. 手書き申請書のデジタル化やICT活用による業務効率化
4. BCP・高セキュリティ対応

地域の課題解決をめざすDNPの取組み

先端情報技術を駆使した「にぎわい創出」

移動サービスで地域を「活性化」

まなびと知を体験する「場」づくり

自治体業務の「最適化」